音楽ナタリー

AKB48、さいたまSA最終日に前田卒業&総選挙開催発表

254

昨日3月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで「AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」の3日目公演が開催された。

3月23日から3日連続で行われたこのコンサート。最終日公演はAKB48のほか、姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48、JKT48および各グループの研究生が参加し、総勢261名という過去最多人数で展開された。コンサートは最新シングル「GIVE ME FIVE!」の選抜メンバーがステージ頭上のゴンドラから登場し、「ヘビーローテーション」のバンドバージョンからスタート。同曲を生演奏で披露するのは今回が初ということもあり、客席からは大歓声が鳴り響いた。

続いて「GIVE ME FIVE!」を演奏し終えると、大島優子が「いよいよ最終日だ! 最終日のオープニングは『ヘビーローテーション』と『GIVE ME FIVE!』の2曲を披露させていただきました」と挨拶。前田敦子は「楽しかった! 緊張したけど、その緊張がすごく気持ちよかった」、高橋みなみは「バンドでのヘビロテは初披露で終始ドヤ気分でした」と、それぞれ笑顔で感想を語った。また、大島が「今回は新しくてかわいい衣装が多いんですよ」とステージ衣装について説明。すると、篠田麻里子が「新しい衣装は、なんと712着を揃え、既存のものを含めると1242着です」と言って観客を驚かせた。

その後はヒット曲メドレーやチーム曲、ユニットシャッフル曲などを次々披露。中でも渡辺麻友が岩佐美咲の「無人駅」、松井珠理奈が指原莉乃の「それでも好きだよ」、指原が渡辺の「シンクロときめき」を歌うという驚きのシャッフルは、客席を多いに盛り上げた。珠理奈はこの日、この1曲のみの出演となり、「今日は体調が悪かったのですが、スタッフさんにお願いして歌わせていただきました。歌えて楽しかったです」と笑顔で挨拶した。

さらに、高橋みなみ、高柳明音、山本彩が歌う「Bird」では3人が空中浮遊する演出も用意。前田と大島は「禁じられた2人」を初めて2人で歌うなど、最終日もサプライズ満載の内容となった。

アンコールでは、「27thシングル選抜総選挙」が開催されることを発表。今回は1位から16位、17位から32位、33位から48位、49位から64位の計64名が選出され、4チームが構成されることが明らかになった。総選挙の開票イベントは6月6日に東京・日本武道館にて行われる。その後、AKB48チームKの横山由依が太田プロダクションとの移籍交渉が決まったほか、AKB48およびSKE48のメンバー15名が事務所移籍に向けて面談することが発表された。

そして、最後に前田敦子からファンに向けてAKB48を卒業することが告げられた。前田は「私は14歳のときにAKB48のオーディションを受け、初期メンバーとして加入させていただきました。それは、私の人生にとって初めての大きな決断でした。そして、今日ここで2回目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子は、AKB48を卒業します。私は昔から感情の起伏がすごく激しくて、メンバーにもたくさん迷惑をかけてしまいました。そして、ファンの皆さんにもたくさん心配をかけてしまったと思います。それでも私なりにがんばってきた6年半でした。コンサートの1日目のときに東京ドームの発表があって、14歳の頃からみんなで一緒に夢を見てきた、その夢がかなったと、とても感動しました。20歳の夢に向かって歩き出さなければといけないと、改めて思うことができました。正直、不安でいっぱいです。どうなるかわかりません。ここにこうしてたくさんいる後輩のためにも私が卒業して、歩き出さなければいけないと、そう思いました。今はまだ詳しいことは決まっていません。今すぐ辞めてしまうわけではありません。決まり次第、皆さんの前でご報告したいと思います」と、涙ぐみながら現在の心境を赤裸々に語った。

その横で彼女の報告を聞いていた高橋は「私も突然のことでとても驚いています。メンバーも知りませんでした。隣でずっと見てきました。私は、たくさんの涙と笑顔を見てきました。(AKB48を卒業することは)去年、私に打ち明けてくれました。だから、敦子は一時の感情ではないことをわかってあげてください。たくさん考えたうえでの決断です。AKB48にいることがゴール地点ではありません。皆さんの温かい声がきっと彼女の背中を押してくれます。皆さんがいるから大丈夫です。本当は辞めてほしくはありませんが、私たちに止める権利はありません。だから温かく背中を押してあげてください。よろしくお願いします」と話し終えると、前田と熱い抱擁を交わした。

前田の卒業発表でしんみりした空気の中、高橋は気丈に「涙では終われないぜー!」と叫び、ラストナンバーとして再び「会いたかった」を出演者全員で歌唱。こうして3時間半近くにおよぶコンサートは幕を閉じた。

AKB48総合プロデューサー秋元康は前田の卒業について、「前田が決めた道なので応援します。14歳からセンターの重圧に耐えて来たわけですから、今は『よくがんばった。お疲れさま』と言ってあげたいです。これから先のことは何も決まっていないので、前田と相談します。知っていたか? の質問で言えば、相談は受けていましたが、自分で決めなさいと言いました。もし、発表するなら最終日の『誰かのために -What can I do for someone?-』の後のMCしかないと思っていました」とコメント。所属事務所の太田プロダクションは「突然の発表でしたので、今後に関しては、今現在何も決まっておりません。事務所も本日聞きました。突然のことでハッキリしたコメントはできませんが、本人ともよく話し合い、彼女の夢に向けて応援していきたいと思います」と、声明を発表している。

「AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」3日目セットリスト

--OPENING映像--
00. Overture
01. ヘビーローテーション(BAND Ver.)
02. GIVE ME FIVE!
03. 会いたかった
04. Only today
05. RUN RUN RUN [チーム4+研究生]
06. 黄金センター [チーム4+10~12研究生]
07. 純情U-19 [NMB48]
08. 青春のラップタイム [NMB48]
09. ウッホウッホホ [チームK]
10. ALIVE [チームK]
11. 無人駅 [渡辺麻友]
12. それでも好きだよ [松井珠理奈]
13. シンクロときめき [指原莉乃]
14. ペディキュアday [ノースリーブス]
15. 初日 [チームB]
16. シアターの女神 [チームB]
17. ハート型ウイルス [松井玲・藤江・加藤玲]
18. Bird [高橋み・高柳・山本彩]
19. 黒い天使 [篠田・秋元・宮澤]
20. 天使のしっぽ [河西・石田・菊地 / 佐藤す・前田亜・小森 / 永尾・藤田・武藤 / 大場・中村・仲俣 / 市川・阿部・相笠]
21. 最初のメール [フレンチ・キス]
22. 虫のバラード [板野友美]
23. 禁じられた2人 [前田・大島優]
24. スカート、ひらり [島崎・入山・竹内・小嶋菜・岩田・田野・光宗]
25. 君のことが好きだから [JKT48]
26. チャイムはLOVE SONG [HKT48]
27. Pioneer [チームA]
28. BINGO! [チームA]
29. 片想いFinally [SKE48]
30. パレオはエメラルド [SKE48]
31. 夕陽を見ているか?
32. 大声ダイヤモンド [10~12期研究生]
33. 僕の太陽
34. Beginner
35. 風は吹いている
36. RIVER [13期研究生]
37. 言い訳Maybe
38. フライングゲット
39. ポニーテールとシュシュ
40. ひこうき雲
<アンコール>
41. ヘビーローテーション
42. Everyday、カチューシャ
43. 誰かのために -What can I do for someone?-
44. 会いたかった

AKB48&SKE48 移籍交渉対象事務所

AKB48

阿部マリア:株式会社ジャパンミュージックエンターテインメント
市川美織:株式会社プロダクション尾木
入山杏奈:株式会社太田プロダクション
大場美奈:株式会社ジャパンミュージックエンターテインメント
島崎遥香:株式会社ビッグアップル
島田晴香:株式会社オフィスフォーティーエイト
竹内美宥:株式会社オー・エンタープライズ
仲俣汐里:株式会社ワタナベエンターテインメント
中村麻里子:株式会社新栄プロダクション
永尾まりや:株式会社アービング
山内鈴蘭:株式会社ホリプロ
横山由依:株式会社太田プロダクション

SKE48

高柳明音:エイベックス・エンタテインメント株式会社
矢神久美:株式会社ワタナベエンターテインメント
松井玲奈:Grick株式会社

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ