音楽ナタリー

ほのかりんがソロ歌手デビュー、恋人との別れを生々しく歌う自作曲リリース

478

ほのかりんが配信シングル「メロンソーダ」を9月20日にリリース。ソロアーティストとしてデビューすることが決定した。

中学生の頃にティーン向けファッション誌でモデルとして活動し、女優としてドラマ、映画、舞台と活躍の場を広げてきたほのかりん。しかし12歳からギターを始めた彼女はもともと音楽を強く志向しており、17歳になった2013年にはモデルの友人らと共にガールズバンド・コムシコムサを結成し、2016年には日本レコード協会主催イベント「Coming Next 2016」に出演するなどメジャーデビューに向けての準備を重ねていた。その後、音楽の方向性の違いからソロ志向が強まりバンドから脱退。今年7月に講談社主催のオーディション「ミスiD 2018」に自らエントリーし、これが今回の配信デビューへとつながった。

ソロでの初のオリジナル曲となる「メロンソーダ」は、女性側から見た恋の終わりを歌った楽曲。生々しく辛辣な表現で、別れようとする男性を冷たく突き放している。

なお彼女は今後、毎月連続で配信シングルを発表していく予定。その楽曲はすべて彼女が作詞・作曲を手がけたものとなる。また10月23日には、日本のポップカルチャーを世界へ発信するイベント「TIMM(TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET)」への出演も決定している。

音楽ナタリーをフォロー