音楽ナタリー

AKB48渡辺麻友、“プリン尻”多めの5年ぶり写真集は「新しい私がたくさん」

1759

渡辺麻友(AKB48)

渡辺麻友(AKB48)

本日10月28日、AKB48渡辺麻友が東京・福家書店新宿サブナード店にてソロ写真集「知らないうちに」の発売記念握手会を行った。

「知らないうちに」は10月25日に発売された、渡辺にとって約5年ぶりのソロ写真集。撮影は7月下旬にアメリカ・ロザンゼルスで行われた。イベント前の囲み取材に応じた彼女は本作について「前作が17歳のときだったので、今回は22歳の等身大の姿を映し出したいなと思って。初めてランジェリー姿に挑戦してみたり、新しい私がたくさん詰まった写真集になりました」と語る。そして「撮影前は『いい作品にできなかったらどうしよう』ってお腹が痛くなるくらい緊張してたんですけど、ロサンゼルスの開放的な雰囲気のおかげでリラックスできました」と振り返った。

撮影時に印象に残った出来事を報道陣から聞かれると、渡辺は「プールで溺れたこと」と回答。バタ足もままならないという彼女は「浮き輪に乗って『これなら大丈夫!』と思ってテンション上がってたんですけど、(浮き輪から)落ちるときはこれまでの思い出が走馬灯のように駆け巡りました。人生の中でも思い出深い出来事です」と笑った。

溺れた直後に撮影された笑顔のカットがお気に入りだと話す彼女は、その理由について「これは『もうどうにでもなれ』って顔ですね。こういう心からの笑顔って今まで見せたことなかったんじゃないかなって」と説明。さらに「これまでなかなか自分の素が出せなくて悩んでたんですけど、今回の撮影を通してアイドルとしての私じゃなくて『人間・渡辺麻友』の出し方がわかったというか。大きく成長できたかなと思います。いいきっかけになったので、溺れてよかった(笑)」と思いを明かした。

また自身のお尻が“プリン尻”と呼ばれることに対して渡辺は「大きいお尻はコンプレックスだったんですけど、評価していただけることが多くなった今では唯一のチャームポイント。だから今回の写真集もプリン尻多めですよ」と笑顔で回答。AKB48メンバーの反応について「こじはる(小嶋陽菜)さんがLINEで『すごいよかった』って言ってくださって。小嶋さんって女性が憧れる女性だと思うので、そういう方に認めていただけてうれしかったですね」と述べたあと、彼女は最後に「これまでの姿はもちろん、等身大の渡辺麻友も愛していただけたら。どっちの私も好きになってもらえたらいいなって思います」と写真集をアピールした。

音楽ナタリーをフォロー