音楽ナタリー

女王蜂VS獄門島一家、禁断の対バンをベッド・インがジュリ扇で煽る

1726

女王蜂(撮影:釘野孝宏)

女王蜂(撮影:釘野孝宏)

女王蜂による対バンライブシリーズ「蜜蜂ナイト」の最終公演が、3月25日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された。

このライブは女王蜂のアヴちゃん(Vo)がボーカルを務めるもう1つのバンド、獄門島一家との対バン形式。ファン待望の組み合わせがついに実現するとあって、場内には開演前からオーディエンスの期待と熱気が満ちあふれた。

この日はオープニングアクトとしてベッド・イン with パートタイムラバーズが出演。益子寺かおり(Vo)は「ギロッポンのみんなー! 心のジュリ扇振ってるかー!」と煽り、「♂×♀×ポーカーゲーム」を熱唱する。MCでは中尊寺まい(Vo, G)が「熱いね! 今年一番の熱帯夜なんじゃないの?」、かおりが「女王蜂のワンフーの皆さん、ジュリ扇さばきがゴイスーだね!」とオーディエンスの盛り上がりに喜ぶ。途中にはステージ上でビキニへの生着替えも披露し、観客をさらに沸かせた2人。最後はSHOW-YA「限界LOVERS」のカバーをアグレッシヴにパフォーマンスした。

続く獄門島一家のライブは、“お兄様”こと長岡亮介(G / ペトロールズ)、“西園寺”ことKenKen(B / RIZE)、“お父様”こと中村達也(Dr / LOSALIOS、MANNISH BOYS)によるセッションでスタート。途中で赤いジャケットに身を包んだアヴちゃんがステージ上に登場するとひときわ大きな歓声が上がる。そして一家そろっての合唱で会場の一体感を高めた「獄門島一家のテーマ」、アヴちゃんのトランペットが楽曲に華を添えた「シーサイドスーサイド」と圧巻のサウンドを次々と浴びせていった。

途中のMCでアヴちゃんはこの対バンの組み合わせを「獄門島一家 VS. 女王蜂、てんやでわんやですね(笑)。お寿司と焼き肉を一緒に食べないといけない私、今日はどっちもしっかり味わおうと思います」と表現。「今、ちょっと伏線張ったのわかる?」と笑ってから始まったシブがき隊「スシ食いねェ!」では、フロア前方で激しいモッシュが沸き起こった。その後アヴちゃんは「ずっと目をつけていた」というオープニングアクトのベッド・インについて「獄門島一家のオープニングアクトができるのは彼女たちしかいないでしょ?」と語り、彼女たちの盛り上げを讃えた。

「残り少なくなってきたんですけど……」とアヴちゃんが語るとフロアから残念そうな声が上がるが、「後ほど私の双子の生き別れっていう感じの、そういう人がしゃべると思うんで(笑)」と返す。そして「今日はうれしいお知らせがあるかもね?」とファンの期待を煽り、最後はポップな「多幸感」と、再びの演奏となったアグレッシヴな「獄門島一家のテーマ」で華々しく締めくくった。

トリを務めた女王蜂のステージでは、アヴちゃんが黒いスーツにショートヘアの男装で現れファンを驚かせる。彼女たちがまず披露した1曲目は、先ほどの獄門島一家のレパートリーである「スシ食いねェ!」。女王蜂らしいソウルフルなアレンジで盛り上げたあとは、「ヴィーナス」を熱くプレイしフロアのテンションを急上昇させる。続く「一騎討ち」に入る前にアヴちゃんはかぶっていたショートヘアのウィッグを脱ぎ捨て、さらに激しいパフォーマンスでオーディエンスを煽っていった。

情感豊かなアンサンブルでオーディエンスを魅了した「もう一度欲しがって」、骨太な低音に乗せてフロアでジュリ扇が舞った「デスコ」と、強力なナンバーを次々と投下していく。その後観客に「次やる曲はスーツだとようやらんから、着替えていいですか?(笑)」と問いかけたアヴちゃんは、スーツのジャケットとパンツを脱ぎ捨て黒いシャツ1枚の姿に。靴もパンプスに履き替え「女のブルース、聴いてください」とにこやかに告げた彼女が形相を一変させた瞬間に「告げ口」が始まる。ひばりくん(G)、やしちゃん(B)、ルリちゃん(Dr)が鳴らす重厚なサウンドとアヴちゃんの鬼気迫るボーカルで、場内を情念渦巻く空間へと変えていった。

MCではアヴちゃんが獄門島一家が生まれた経緯をファンに明かす。女王蜂の活動休止中、音楽をあきらめかけたアヴちゃんが所属事務所から勧められて始めたのがきっかけだったと語り、「『獄門島一家の長女』も私の本性なんです。一番年下やし甘えられて、素敵な男の人ばかりで理想的な一家で。女王蜂も獄門島一家も全部本物やから、本当に今日という日がうれしいです」と、この日の対バンを改めて喜んだ。本編最後ではそんな思いを込めるように、「鉄壁」を丁寧に歌い上げた。

アンコールではジュリ扇を片手に登場したアヴちゃんが「ちょっとギロッポンっぽいことやりません? 私、好きな言葉があるんで言ってもいいでしょうか。『弾けないバブルを貴方に』!」と、ベッド・インのキャッチコピーを口にしてから「バブル」を演奏。アウトロではアヴちゃんの呼び込みでベッド・インの2人が再びステージへ。アヴちゃんとともにフロアを煽り、バブル時代さながらの熱狂を会場にもたらした。

2人がステージを去るとアヴちゃんは「すごいわね、ジャスティスね(笑)」と笑顔を浮かべる。そして5月に女王蜂と獄門島一家のスプリットシングルをリリースすることを発表し、観客から大歓声を浴びた。アヴちゃんは「すごいわって思う、これをメジャーで出せるんや!って(笑)」とシングルのポテンシャルをアピール。そして「蜜蜂ナイト」全シリーズの最後を飾る曲として、シングルに収録される新曲「金星」をパフォーマンスした。シティポップのテイストを漂わせるダンスチューンでライブを締めくくり、メンバーはそれぞれ充実した表情でステージを去っていった。

音楽ナタリーをフォロー