音楽ナタリー

吉川友、新垣里沙ら舞台に意気込み「道重さんにも観に来てほしい」

230

左から吉川友、新垣里沙。

左から吉川友、新垣里沙。

昨日11月25日に都内スタジオにて吉川友や新垣里沙らが出演する劇団・秦組の舞台「くるくると死と嫉妬」の公開稽古が行われた。

「くるくると死と嫉妬」は秦建日子が作・演出を務める群像劇で、不老不死の薬などのファンタジー要素や臓器移植といった重いテーマをユーモアのある表現で描いた物語。この舞台には吉川や新垣をはじめ、ハロプロ研修生の山岸理子、山木梨沙、相川茉穂、そして日替わりゲストとして矢島舞美(℃-ute)や高垣彩陽なども出演することが決定しており、キャスト陣がどのような役どころで演技をするか注目を集めている。またこの公演では事前予約制で舞台稽古の模様を一般公開しており、無料で稽古の模様が観られるとあって連日多くの人々が足を運んでいる。

この日行われたメディア向けの舞台稽古では、本番と同様に組んだ舞台の仮セットを使い演技をしつつ、舞台上の小道具の位置や細かい演出を確認。途中で演出の変更があっても吉川や新垣は即座にそれに対応し、ライブとは違った真剣な表情を見せた。

舞台稽古の休憩時間には囲み取材を実施。まず稽古の感想を尋ねられると、新垣は「秦さんの舞台は2回目の出演なんですけど、台本や演出が稽古中にどんどん修正されていくんです。今回も最初の台本からかなり変わっていますが、すごくいい方向になってると実感できてます」とここまでの稽古を振り返る。続いて吉川は「新垣さんは台本をすべて頭に入れているからすごいなと思いました。演出が変わってもすぐに対応できるので、さすがだなと」と新垣の舞台に対する姿勢をベタ褒めした。

また2人で共演することについて新垣は「きっか(吉川)とは舞台は初めてだし一緒にライブをやることもなかったので新鮮。でも同じ空間での2人の絡みはあまりなくて。もっと絡みたかったという気持ちはありますね」と述べた。対して吉川は「新垣さんはテレビの中で出演してるのを観てた人なので。お会いした瞬間は『顔小さいな!』っていう強い印象がありました。素晴らしい先輩だなと思いました」と、ここでも新垣を褒めちぎった。

さらに本日11月26日にモーニング娘。'14を卒業する道重さゆみの話題になると、新垣は「(卒業後は)時間ができそうなので観に来てくれるかな? 今まで来てくれたことないんですけど、卒業して時間ができたら観に来てほしいですね。今回の舞台は生田(衣梨奈)が観に来ると言ってました。前回の舞台でも3回くらい観に来て。なんか私のことが好きみたいで(笑)」と現モー娘。メンバーとの交流話を明かした。すると吉川も「私もTHE ポッシボーの岡田ロビン翔子やアップアップガールズ(仮)の古川小夏、森咲樹が観に来るって言ってました。でも仲間に観てもらうのってちょっと恥ずかしいですね」とはにかんだ。

続いてハロプロ研修生の山岸、山木、相川には、先輩の吉川と新垣の舞台稽古の様子について質問が飛ぶ。山岸は「新垣さんはアドバイスをよく言ってくださるので勉強になってます。吉川さんは休憩中によく転がってきて、とてもフレンドリーに話しかけてくれます」と両者の違いを述べ、続く山木は「新垣さんがいるときといないときで場の空気が変わるのがすごいなと。あと私が想像もしなかった切り口で演技ができるので本当にすごい役者さんなんだなって思いました」とコメントした。相川は吉川について「すごくフレンドリー。休憩中でも話しかけてくれたりして優しいです。でも演技が始まったら役になりきってるのもすごいです」と語った。

最後にはカントリー・ガールズのメンバーになった山木とスマイレージの新メンバーに選ばれた相川に、先輩たちに舞台を観に来てほしいかという質問が投げかけられる。これに対して相川は「先日、公開稽古に和田(彩花)さんが観にいらして。緊張が止まらなかったんですけど、ずっと真剣に見てくださいました。一緒にグループに加入した室田(瑞希)さんや佐々木(莉佳子)さんにも観に来てほしいです」とコメント。山木は「嗣永桃子さんがいらしたらすごく緊張しちゃいますね。まだ全員では数回しか会っていないんですけど、嗣永さんはいつでも嗣永さんのままで。もし来られるなら舞台に慣れてきたタイミングで観に来てほしいです」と気持ちを明かした。

舞台「くるくると死と嫉妬」は12月3日から12月11日まで東京・東池袋あうるすぽっとにて開催される。

劇団・秦組舞台Vol.6「くるくると死と嫉妬」

2014年12月3日(水)~12月11日(木)東京都 東池袋あうるすぽっと

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】