音楽ナタリー

ももクロ百田「やらまいか大使」就任、地元アピールに奮闘

567

ももいろクローバーZの百田夏菜子が、静岡県浜松市の親善大使「やらまいか大使」に就任。この委嘱式が本日6月25日に浜松市役所にて行われた。

浜松市市長の鈴木康友とともに式場に現れた百田は、まずは市長からやらまいか大使の委嘱書を受け取る。市長が「委嘱書。百田夏菜子様、浜松市やらまいか大使を委嘱します! よろしくお願いします!」と述べると、百田も「よろしくお願いします!」と元気よく返事した。さらに専用の名刺も渡され、市長が「いろんな施設に入れます。なくなったらまたすぐ供給しますのでいっぱい配ってください」と伝えると、百田は「はい! がんばります!」と答えた。

市長はその後、「このたび、やらまいか大使を引き受けていただきまして浜松市民を代表して厚くお礼を申し上げます。やらまいか大使というのは浜松市にゆかりのある各界で活躍をしている皆さんに、浜松市の応援団として浜松市を大いにPRして盛り上げていただくという主旨で行っているものでして、やらまいか大使はこれで60人と1グループになったわけです」と大使の役割について説明。そしてももいろクローバーZと百田のこれまでの功績を讃え、「その勢いを浜松の応援のためにも少しがんばって使っていただいて、大いに盛り上げていただきたいと思います」と語った。

これを受けて百田は「このお話をいただいたときはすごくびっくりしました。小さい頃から浜松で育ってきたので、その浜松の力になれるということですごくうれしかったです。まだなったばっかりなので何もやれてないんですけれども、これから一生懸命浜松を盛り上げていけたらいいなと思います」と意気込みを述べる。さらにメンバーと一緒に市長のことをインターネットで検索したことを明かし、「メンバーがすごく浜松の市長がカッコいいって言ってて(笑)。絶対に若い頃はすごいダンディなイケメンだったんだろうなと妄想をたくさんしながら来たんで、市長に会えたこともすごくうれしかったです」と喜びを口にした。

その後の取材で百田は、記者陣からの質問に回答。「のんびりしているところ」「うなぎがおいしい」「ひなたぼっこをするなら浜松」と地元の魅力をアピールしたほか、浜松市内の大きな会場でライブをしてみたいと意欲を明かす。また静岡朝日テレビの番組「とびっきり静岡」のスタッフから質問が寄せられると、百田は過去のライブで静岡朝日テレビとテレビ静岡を間違えて言ってしまったことについて言及。「テレ静ではないですよね?(笑) 私、1回会場で思いっきり『テレ静ー!』って言ってしまったことがあるんですけどもう大丈夫です!」と集まった報道陣を笑わせつつ、夏休みに浜名湖や亀崎ファミリーランドに通っていたことなど自身の思い出を明かした。

「浜松は出世の街だが、そのご利益はありますか?」という質問には、「浜松に生まれて今の私があって、さっきも“出世大名家康”くんのちょんまげを触らせていただいたんですよ。なので『まだ出世できる!』と思ってます!(笑) もっと出世して『やっぱ浜松ってすごいな』っていろんな人に思ってもらえるようにがんばりたいと思います」と答えた。

さらに静岡の名物であるお茶についての質問が寄せられると、「茶畑のシンデレラ」の異名を持つ百田は「お茶本当においしいですよね。今でもジュースよりも私はお茶のほうが好きなんですよ。何かを理由に仕事を休むときは『茶摘み茶摘み』って言って休んでます」と笑った。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】