新国立劇場バレエ団の舞台裏を紹介「楽しいバレエ図鑑」が本日刊行

1

147

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 22 64
  • 61 シェア

書籍「楽しいバレエ図鑑」が、本日12月20日に小学館から刊行された。

「楽しいバレエ図鑑」(小学館)書影

「楽しいバレエ図鑑」(小学館)書影

大きなサイズで見る

楽しいバレエ図鑑

楽しいバレエ図鑑
Amazon.co.jp

本書では新国立劇場バレエ団が協力、阿部さや子が監修を担当。同バレエ団の舞台の魅力と舞台裏を紹介するほか、バレエを観るときに役立つ知識やダンサーのテクニック、舞台の見どころ、バレエの歴史、衣裳、代表的な作品などを解説する。そのほかにも毎日のレッスンやリハーサル風景、舞台稽古や衣裳合わせ、メイクの様子、オーケストラや裏方の仕事、劇場の仕掛けについても収録。またプリンシパルをはじめとした関係者のインタビューも収められている。

「楽しいバレエ図鑑」はA4サイズ、64ページ。価格は税込2640円だ。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

新国立劇場バレエ団の舞台裏を紹介「楽しいバレエ図鑑」が本日刊行
https://t.co/Qp778GVcdW https://t.co/B3JBYdF3vj

コメントを読む(1件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします