“壁に抗う人々”描く短編集、昭和精吾事務所「氾濫原3」

110

昭和精吾事務所 誕生月企画公演「氾濫原3」が、12月9・10日に東京・Performing Gallery&Cafe 絵空箱で上演される。

昭和精吾事務所 誕生月企画公演「氾濫原3」チラシ表

昭和精吾事務所 誕生月企画公演「氾濫原3」チラシ表

大きなサイズで見る(全6件)

“壁に抗い、信念や恋を貫こうとする人々の物語”をテーマとした本公演は、江戸川乱歩「黒蜥蜴」、ウィリアム・シェイクスピア「ロミオとジュリエット」、近松門左衛門「曽根崎心中」、寺山修司「仮面劇・犬神」、そして永井幽蘭の残酷童話の“歌語り”によって構成される短編集。構成・演出をこもだまり、音楽監督・映像を西邑卓哲が手がける。

本作には、こもだ、西邑のほか、梶原航、イッキ、ゲストに永井、踊る演劇集団「ムツキカ」の長田大史、辻真梨乃が名を連ね、10日14:30開演回のみのスペシャルゲストとして怪奇幻想文学朗読者・常川博行が登場する。また、声の出演として、小林桂太、昭和精吾が参加する。

この記事の画像(全6件)

昭和精吾事務所 誕生月企画公演「氾濫原3」

2021年12月9日(木)・10日(金)
東京都 Performing Gallery&Cafe 絵空箱

作:寺山修司、江戸川乱歩、ウィリアム・シェイクスピア、近松門左衛門
構成・演出:こもだまり
音楽監督・映像:西邑卓哲

出演:こもだまり、西邑卓哲、梶原航 / イッキ
ゲスト:長田大史、永井幽蘭、辻真梨乃
スペシャルゲスト:常川博行(10日14:30開演回のみ)
声の出演:小林桂太、昭和精吾

全文を表示

昭和精吾事務所のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 昭和精吾事務所 / こもだまり / 寺山修司 / ウィリアム・シェイクスピア / 常川博行 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします