ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

昭和精吾事務所、万有引力の小林桂太らゲストに迎えたコラボ短編集「氾濫原」

38

昭和精吾事務所「氾濫原-はんらんげん-」が、12月14日に東京・シアターPOOで上演される。

昭和精吾の誕生日公演として上演される本作は、寺山修司「長編叙事詩『李庚順』」と、岸田理生らの作品によって構成されるコラボ短編集。構成・演出は、こもだまりが手がけ、第1部の音楽を演劇実験室◎万有引力J・A・シーザー、第2部の音楽・映像をFOXPILL CULTの西邑卓哲が担当する。キャストには、こもだ、イッキ、西邑、左右田歌鈴が名を連ね、昭和精吾が映像で出演。さらにゲストとして演劇実験室◎万有引力の小林桂太や、航跡の梶原航、劇団ロオルの本山由乃死神紫郎が参加する。

※演劇実験室◎万有引力の「◎」は中が●が正式表記。

昭和精吾事務所 企画公演「氾濫原-はんらんげん-」

2018年12月14日(金)
東京都 シアターPOO

構成・演出:こもだまり
出演:こもだまり、イッキ、西邑卓哲、左右田歌鈴、昭和精吾(映像出演)
ゲスト:梶原航、本山由乃(15:00開演回のみ出演)、死神紫郎(19:30開演回のみ出演)
特別ゲスト:小林桂太

ステージナタリーをフォロー