毛皮族、映像とパフォーマンスを重ねて物語を構築「Gardenでは目を閉じて」

1

86

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 18 30
  • 38 シェア

毛皮族「Gardenでは目を閉じて」が、11月20日から28日まで東京のザ・スズナリで上演される。

毛皮族「Gardenでは目を閉じて」ビジュアル

毛皮族「Gardenでは目を閉じて」ビジュアル

大きなサイズで見る

江本純子が作・演出・ビデオ監督を務める「Gardenでは目を閉じて」は、映像とパフォーマンスを重ねて物語を構築し、演劇として提示する作品。出演者には江本のほか、原口洋平、金子清文遠藤留奈小林麻子、間瀬奈都美、荒木知佳新井友香が、“ビデオ出演”には猪股俊明宮部純子、菅原雪、田島冴香羽鳥名美子、平野由紀、松尾里織、金山寿甲が名を連ねた。

公演の公式サイトには「サスティナ、ぶる。インクルーシ、ぶる。見えざるものと、生きる。」というキーワードが記されている。江本からのコメントは以下の通り。

江本純子コメント

“見えすぎるもの”が溢れている現代では、“見えないもの”の存在を忘れがちで、破綻を迎えたりします。本来この世界は”見えないもの”ばかり、ならば、いっそ“見えないもの”と暮らしてみたいものです……。

今作の劇空間を構築するにあたり、宮崎県の山で生息していた「カズラ」を、こども園yattaraの皆さんから移送してもらいました。植物的には強者なカズラ。放っておいたら自分が生きる領域をすくすく広げてしまうので、他の命(水や他の植物)ものびのびと生きられるようにと、伐採したり、少し動かしたりするそうです。植物界の強者がのさばらないようにするためには、人間の手を少し加えていくことも必要なんですね。

人間界では強者が弱者を犠牲にして、のさばっちゃうようなところありますが、今生き心地がよくない人には、誰が(何が)どのような手を差し伸べればいいのだろう、と考えました。今だけではなく、数百年先の生命の風通しをよくするために、私たちは何をすればいいのだろう? ひとりの人間の直接的介入では、到底力及ばずなので、小さな「媒介」を重ねた、命の循環のためのバタフライエフェクトを目指します。

シアターが命をつないでいく場所であるならば、見える命も見えない命も心地よく存在し、生きているGardenになるはずだと希望を持ちたいところです。しかし、毛皮族としては、宮崎から強制連行してきてしまったカズラの命を、このシアターにて生かすことができるかとできるのかと、カズラの人権ならぬ植権を守りながら、インクルーシブしていけるのかと、悩ましいところです。……シアターにいる皆さんと共に考えていきたいポイントでもあります。

毛皮族「Gardenでは目を閉じて」

2021年11月20日(土)~28日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作・演出・ビデオ監督:江本純子
出演:原口洋平、金子清文遠藤留奈小林麻子、間瀬奈都美、荒木知佳新井友香、江本純子
ビデオ出演:猪股俊明宮部純子、菅原雪、田島冴香羽鳥名美子、平野由紀、松尾里織、金山寿甲

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

毛皮族、映像とパフォーマンスを重ねて物語を構築「Gardenでは目を閉じて」(コメントあり)
https://t.co/ejBfqGY4ne https://t.co/swYO5gybnC

コメントを読む(1件)

関連記事

毛皮族のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 毛皮族 / 江本純子 / 金子清文 / 遠藤留奈 / 小林麻子 / 荒木知佳 / 新井友香 / 猪股俊明 / 宮部純子 / 田島冴香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします