「老花夜想」開幕にきたまり「舞台芸術の旨味がぎっしり詰まった豊穣な90分」

2

24

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 14
  • 1 シェア

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」が、本日10月22日に東京・東京芸術劇場 シアターウエストで開幕する。

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)

大きなサイズで見る(全9件)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)[拡大]

本作は、「東京芸術祭2021」の1プログラム。KIKIKIKIKIKIのきたまりが、太田省吾の戯曲「老花夜想(ノクターン)」をダンス作品として立ち上げる。出演者にはきた、竹ち代毬也、そして唄の下村よう子が名を連ねた。

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)[拡大]

開幕に際し、きたは「コロナ禍の荒波に揉まれながら、なんとしても上演したいと踏ん張り生んだ作品が、東京芸術祭で華やかにお披露目できました。『老花夜想』初演(1974年)当時は、若き劇作家であった太田省吾の猥雑で奇怪な原作を元に、47年の歳月を経て、現代の身体、音の隙間から滲み出る時代の歩み、舞台芸術の旨味がぎっしり詰まった豊穣な90分が、劇場に響きます。是非ご覧ください!」と観客にメッセージを送った。

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」より。(撮影:阿部章仁)[拡大]

上演時間は約1時間30分で、公演は10月24日まで。なお本作は11月18日から30日にかけてアーカイブ配信される予定。配信の詳細は後日発表される。

現在、ステージナタリーでは「東京芸術祭2021」の特集を展開中。スズキ拓朗、北尾亘、きたによる座談会、総合ディレクターの宮城聰と「としまおやこ小学校」を手がけるYORIKOの対談を掲載している。

この記事の画像(全9件)

きたまり / KIKIKIKIKIKI「老花夜想(ノクターン)」

2021年10月22日(金)~24日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

原作:太田省吾
振付・演出:きたまり
出演:きたまり、竹ち代毬也、下村よう子(唄)
演奏:やまみちやえ、長谷川莉奈、望月実加子、望月左太晃郎、藤舎呂近、堅田崇、富澤優夏
声:山道太郎

※藤舎呂近は10月22・23日公演、望月左太晃郎は24日公演に出演。

全文を表示

読者の反応

  • 2

ステージナタリー @stage_natalie

【関連記事】「老花夜想」開幕にきたまり「舞台芸術の旨味がぎっしり詰まった豊穣な90分」
https://t.co/T1nOCWBkQH

コメントを読む(2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

きたまりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 きたまり / KIKIKIKIKIKI / 太田省吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします