本多劇場進出!小沢道成の一人芝居「鶴かもしれない2022」上演決定

1

119

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 86
  • 3 シェア

小沢道成が作・演出を担う「小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2022』」が、来年2月23日から27日まで東京・本多劇場で上演される。

「小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2022』」ビジュアル

「小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2022』」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

童話「鶴の恩返し」を下敷きにした「鶴かもしれない」は、小沢による演劇プロジェクト・EPOCH MANの代表作。2014年に初演され、今回が4度目の上演となる。また、小沢が本公演に挑む過程を記録したドキュメンタリー映像「メイキングかもしれない~小沢道成の創作活動に密着~」が、本日8月1日からEPOCH MANの公式YouTubeチャンネルで定期配信されることも明らかになった。

上演決定に際し、小沢は「この先行きが見えない状況の中で、たったひとりで本多という大きな劇場に立つ。そうやって挑戦する姿が、誰かの勇気になれば」と意気込みを語った。

なお来る8月13日には、小沢が作・演出・美術を手がけるEPOCH MAN「オーレリアンの兄妹」が東京・駅前劇場で開幕する。

この記事の画像(全2件)

「小沢道成ひとり芝居『鶴かもしれない2022』」

2022年2月23日(水・祝)~27日(日)
東京都 本多劇場

作・演出・出演:小沢道成

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

本多劇場進出!小沢道成の一人芝居「鶴かもしれない2022」上演決定(コメントあり)
https://t.co/5agW7ekBA2 https://t.co/pQ9tN8th8J

コメントを読む(1件)

関連記事

小沢道成のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小沢道成 / EPOCH MAN の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします