市川海老蔵企画「いぶき、」開幕に、中村児太郎「出演者一同、命をかけて勤められた」

519

市川海老蔵企画公演「いぶき、」が、本日6月17日に京都・南座で開幕した。

市川海老蔵企画公演「いぶき、」チラシ

市川海老蔵企画公演「いぶき、」チラシ

大きなサイズで見る

これは、市川海老蔵による若手俳優の成長の機会を作ることを目的とした企画。上演演目には「妹背山婦女庭訓」より「願絲縁苧環」と「三笠山御殿」、舞踊「乗合船恵方万歳」がラインナップされた。

「妹背山婦女庭訓」は、蘇我入鹿討伐の史実をもとに、杉酒屋娘お三輪、烏帽子折求女実は藤原淡海、入鹿妹橘姫の恋愛模様を描く時代物。本作では、中村児太郎が杉酒屋娘お三輪、大谷廣松が烏帽子折求女実は藤原淡海、市川新蔵が豆腐買おむら、中村芝のぶが入鹿妹橘姫、市川九團次が漁師鱶七実は金輪五郎今国を勤める。

「乗合船恵方万歳」には、九團次、廣松、児太郎らが登場。劇中では、初春の隅田川の河畔を舞台にした、常磐津の舞踊が披露される。児太郎は初日を終えて、「本当に緊張しましたが、自分の中のお三輪像を描きながら一生懸命勤めさせていただきました。お客様から大きな拍手をいただき、出演者一同、本当に命を懸けて勤められたと思っています」と感慨を述べた。公演は20日まで。

中村児太郎コメント

本日、京都・南座で市川海老蔵のお兄さんに企画していただいた「いぶき、」公演初日を迎えさせていただきました。本当に緊張しましたが、自分の中のお三輪像を描きながら一生懸命勤めさせていただきました。お客様から大きな拍手をいただき、出演者一同、本当に命を懸けて勤められたと思っています。これから20日(日)の千穐楽まで無事に乗り越えられますよう頑張りますので、応援の程、宜しくお願い申し上げます。

市川海老蔵企画公演「いぶき、」

2021年6月17日(木)~20日(日)
京都府 南座

一、妹背山婦女庭訓

願絲縁苧環

杉酒屋娘お三輪:中村児太郎
入鹿妹橘姫:中村芝のぶ
烏帽子折求女実は藤原淡海:大谷廣松

三笠山御殿

杉酒屋娘お三輪:中村児太郎
烏帽子折求女実は藤原淡海:大谷廣松
豆腐買おむら:市川新蔵
入鹿妹橘姫:中村芝のぶ
漁師鱶七実は金輪五郎今国:市川九團次

二、乗合船恵方万歳

萬歳:市川九團次
才造:大谷廣松
田舎侍:市川新蔵
通人:市川新十郎
大工:市川升三郎
子守:市川福太郎
白酒売:市川右若
芸者:中村芝のぶ
女船頭:中村児太郎

全文を表示

関連記事

市川海老蔵のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 市川海老蔵 / 中村児太郎 / 中村芝のぶ / 大谷廣松 / 市川九團次 / 市川福太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします