Pカンパニーのシリーズ罪と罰「うさぎ島霧深し」上演決定

2

10

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 2 6
  • 2 シェア

Pカンパニーの第30回公演「~シリーズ罪と罰 CASE 8~『うさぎ島霧深し』」が9月8日から12日まで、東京・シアターグリーン BIG TREE THEATERで上演される。

Pカンパニー 第30回公演「~シリーズ罪と罰 CASE 8~『うさぎ島霧深し』」チラシ

Pカンパニー 第30回公演「~シリーズ罪と罰 CASE 8~『うさぎ島霧深し』」チラシ

大きなサイズで見る

本公演は昨年5月に予定されていたものの延期公演。人間が犯す罪やその贖罪、生命の価値、差別、人権などをテーマにした書き下ろしを上演するPカンパニーの“罪と罰”シリーズの第8弾だ。今回は竹本穣の「うさぎ島霧深し」を、冨士川正美の演出で送る。

題材となるのは、旧陸軍の毒ガス工場があった島。工場で実験用・食用として飼育されていたウサギたちの物語がつづられる。とある島のとある施設で暮らす姉妹リリアンとドロシーは、訪ねてきた母親に「外は恐ろしい世界だから」と外出を禁じられ……。

出演者には、劇団東演の南保大樹、宮川知久、内田龍磨、磯貝誠、森源次郎、木村愛子、劇団昴の矢崎和哉、吉田恵理子、山田健太、細川美央、立直花子が名を連ねた。なお、11日18:00開演回にはゲストを迎え、竹本と冨士川のアフタートークが行われる。

Pカンパニー 第30回公演「~シリーズ罪と罰 CASE 8~『うさぎ島霧深し』」

2021年9月8日(水)~12日(日)
東京都 シアターグリーン BIG TREE THEATER

作:竹本穣
演出:冨士川正美
出演:南保大樹、宮川知久、内田龍磨、磯貝誠、森源次郎、木村愛子、矢崎和哉、吉田恵理子、山田健太、細川美央、立直花子

※矢崎和哉の「崎」は立つ崎が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 2

takuyukii @kotakumu

去年コロナで惜しくも延期になったのが上演決定🤗🐰
去年行く予定じゃったんじゃが…

9月かぁ…
行けるかな…
いや、観に行きたい😆

広島でもぜひ上演してほしいものです🙏

Pカンパニーのシリーズ罪と罰「うさぎ島霧深し」上演決定 https://t.co/IFjqyquXof

コメントを読む(2件)

関連記事

Pカンパニーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Pカンパニー / 磯貝誠 / 山田健太 / 立直花子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします