花柳章太郎を追悼、「十月新派特別公演」に田村亮・藤山直美ら

84

「花柳章太郎 追悼 十月新派特別公演」が、10月2日から25日まで東京・新橋演舞場で上演される。

「花柳章太郎 追悼 十月新派特別公演」チラシ表

「花柳章太郎 追悼 十月新派特別公演」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

明治末から昭和にかけて活躍した新派俳優・花柳章太郎の追悼公演となる今回は、ゆかりの演目である「小梅と一重」「太夫(こったい)さん」が上演される。伊原青々園の原作を真山青果が脚色し、成瀬芳一が演出を手がける「小梅と一重」には、水谷八重子喜多村緑郎河合雪之丞が出演。八重子が一中節の師匠・宇治一重に扮するほか、雪之丞が新橋の芸者・假名屋小梅、緑郎が売り出し中の役者・澤村銀之助を演じる。

また北條秀司が作劇を務めた「太夫さん」では、大場正昭が演出を担当。老舗妓楼・宝永楼の女将おえいを波乃久里子、おえいの初恋の相手であった輪違屋の善助を田村亮、そして身売りの娘・きみ子を藤山直美が演じる。チケットの一般販売は8月29日10:00にスタート。

この記事の画像(全2件)

「花柳章太郎 追悼 十月新派特別公演」

2021年10月2日(土)~25日(月)
東京都 新橋演舞場

「一、小梅と一重」

原作:伊原青々園
脚色:真山青果
演出:成瀬芳一

出演

宇治一重:水谷八重子
澤村銀之助:喜多村緑郎
假名屋小梅:河合雪之丞

「二、太夫さん」

作:北條秀司
演出:大場正昭

出演

おえい:波乃久里子
善助:田村亮
喜美太夫:藤山直美

全文を表示

関連記事

劇団新派のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団新派 / 水谷八重子 / 喜多村緑郎 / 河合雪之丞 / 波乃久里子 / 田村亮 / 藤山直美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします