「虹む街」稽古場より、安藤玉恵「五感と六感も?フルに使って観て」

98

6月に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオで上演される「虹む街」の稽古の様子が届いた。

「虹む街」稽古の様子。

「虹む街」稽古の様子。

大きなサイズで見る(全9件)

「虹む街」は、さまざまな人種の人たちが行き交う古い飲食店街を舞台にした、タニノクロウの最新作。スナックやバー、パブ、レストラン、マッサージ店が並ぶ中、その街唯一のコインランドリーが閉店することになり……。

「虹む街」稽古の様子。

「虹む街」稽古の様子。[拡大]

稽古場より、タニノは「自由に食べに行ったり、旅行に行ったり出来ない時期ではありますが、観た後にそんな気分になれる作品だと思います。是非、劇場に旅をしに来てください!」とコメント。出演者の1人、安藤玉恵は「今回は県民参加の多国籍な皆さんとのコラボも楽しみにしてくださいね。五感と六感も?フルに使って、このロマンチックな作品を観てくださると嬉しいです」と語っている。

公演は6月6日から20日にKAAT神奈川芸術劇場 中スタジオにて。安藤のほか、金子清文緒方晋島田桃依、タニノ、蘭妖子、そして神奈川県民を中心とした街の人たちが出演する。

タニノクロウ コメント

ロマンチックで、個性的で、多文化が絡み合う横浜に魅力を感じ、俳優と神奈川県民の方たちとともに「虹む街」という作品を作りました。古い飲食店街に生きる人たちの話です。自由に食べに行ったり、旅行に行ったり出来ない時期ではありますが、観た後にそんな気分になれる作品だと思います。是非、劇場に旅をしに来てください!

安藤玉恵 コメント

稽古初日からバッチリ立っているセットの中でお稽古して早くもひと月経ちました。贅沢です。この場をお借りして、演出部の皆さま、ここまでの大量の準備をありがとうございます。

戯曲の形式がほぼ小説で、タニノさんのお稽古場だなあという感じです。

検査をした上で、場当たりも始まり、衣装メイクをつけて必要な時だけマスクを外してお稽古できて、気持ちが盛り上がってきました! やっと表情をみてもらえる!

今回は県民参加の多国籍な皆さんとのコラボも楽しみにしてくださいね。

五感と六感も? フルに使って、このロマンチックな作品を観てくださると嬉しいです。

この記事の画像(全9件)

「虹む街」

2021年6月6日(日)~20日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

作・演出:タニノクロウ
出演:安藤玉恵金子清文緒方晋島田桃依、タニノクロウ、蘭妖子 / 神奈川県民を中心とした街の人たち

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

タニノクロウのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 タニノクロウ / 安藤玉恵 / 金子清文 / 緒方晋 / 蘭妖子 / 島田桃依 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします