ポストコロナ時代の寡黙劇、タニノクロウ「虹む街」戯曲本が刊行

48

タニノクロウの戯曲「虹む街」が、6月17日に白水社より刊行される。

タニノクロウ「虹む街」(白水社)

タニノクロウ「虹む街」(白水社)

大きなサイズで見る

虹む街

虹む街
Amazon.co.jp

「虹む街」は、タニノが神奈川・KAAT神奈川芸術劇場に書き下ろした“ポストコロナ時代の寡黙劇”。作中では、さまざまな人種の人々が行き交う古い飲食店街を舞台にした人間ドラマが展開する。スナックやバー、パブ、レストラン、マッサージ店が立ち並ぶこの街で、唯一のコインランドリーが閉店することになった。コインランドリーの営業最終日、街の人たちは別れを惜しむように“洗濯”をしていて……。本書は、役名、セリフ、ト書きからなる従来の戯曲の形式ではなく、小説やエッセイのように散文的なテキストが用いられている。

なお、「虹む街」の公演が、KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオにて上演中。会場では戯曲本が先行販売されている。公演は20日まで。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「虹む街」

2021年6月6日(日)~20日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

作・演出:タニノクロウ
出演:安藤玉恵金子清文緒方晋島田桃依、タニノクロウ、蘭妖子 / 神奈川県民を中心とした街の人たち(ポポ・ジャンゴ、ソウラブ・シング、馬双喜、小澤りか、ジョセフィン・モリ、阿字一郎、アリソン・オパオン、月醤、馬星霏)

※月醤の「醤」は、旧字体が正式表記。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

タニノクロウのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 タニノクロウ / 安藤玉恵 / 金子清文 / 緒方晋 / 蘭妖子 / 島田桃依 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします