カミュ「ペスト」を題材に10団体が上演、d-倉庫「現代劇作家シリーズ」第11弾

1

63

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 21 41
  • 1 シェア

「現代劇作家シリーズ11:アルベール・カミュ『ペスト』フェスティバル」が、4月27日から5月9日まで東京・d-倉庫で開催される。

「現代劇作家シリーズ11:アルベール・カミュ『ペスト』フェスティバル」チラシ表

「現代劇作家シリーズ11:アルベール・カミュ『ペスト』フェスティバル」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「現代劇作家シリーズ」は、共通のテキストを題材に、さまざまな団体が作品を発表するフェスティバル。今回のテーマは、感染症に翻弄される人間の在り方を描いた、アルベール・カミュの小説「ペスト」だ。

今回の参加団体は、錦鯉タッタ、言葉のアリア、ミルズズ、楽園王、チーム・チープロ、仙台シアターラボ、ダンスの犬ALL IS FULL、FAIR FOUL今井夢子×平戸麻衣、bug-depayse、身体思考の10組。各日程、2団体ずつの2本立てで上演され、各公演の初日終演後にはアフタートークが予定されている。また最終日の5月9日には、ヅカ★ガール・飯塚未生の司会で、各団体が作品について語るシンポジウムも開催される。

この記事の画像(全2件)

「現代劇作家シリーズ11:アルベール・カミュ『ペスト』フェスティバル」

2021年4月27日(火)~5月9日(日)
東京都 d-倉庫

参加団体:錦鯉タッタ、言葉のアリア、ミルズズ、楽園王、チーム・チープロ、仙台シアターラボ、ダンスの犬ALL IS FULL、FAIR FOUL今井夢子×平戸麻衣、bug-depayse、身体思考

全文を表示

※2021年4月24日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

カミュ「ペスト」を題材に10団体が上演、d-倉庫「現代劇作家シリーズ」第11弾
https://t.co/N2vee7Boyd https://t.co/jA8wJ9kUeM

コメントを読む(1件)

関連記事

飯塚未生のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 飯塚未生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします