新国立劇場舞踊ラインナップ発表、吉田都は1年を共にしたダンサーたちとの「白鳥の湖」に期待

179

新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会が、本日3月2日に東京・新国立劇場で行われ、舞踊芸術監督の吉田都が登壇した。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

大きなサイズで見る(全5件)

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。[拡大]

例年は演劇・オペラ・舞踊のラインナップ発表が同時に実施されるが、今年は時世に鑑みそれぞれ別に行われる。

2021 / 2022シーズンで就任2年目を迎える吉田は、昨年のラインナップ発表会時と現在の状況の変化に触れ、「私は(芸術監督としてまず)、ダンサーのモチベーションをどのように維持すれば良いのかというところからスタートしました。就任から6カ月とは思えないような濃い時間を過ごさせてもらっています」と振り返る。

舞踊公演では今シーズン、「チコちゃんといっしょに課外授業 製作委員会」との共催公演や「ニューイヤー・バレエ」の無観客ライブ配信などさまざまなチャレンジが行われた。それらを通して吉田は「全国をはじめ世界とのつながりが感じられ、皆さまからのメッセージに私もダンサーも勇気をもらいました。感謝の気持ちを込めて、質の高い、良い舞台を作ることが大切だと思っています」と言葉に力を込める。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。[拡大]

次シーズンの幕開けを飾るのは、昨年10月に吉田の就任第1作目として予定されていた「白鳥の湖」。イギリスの演劇的な要素と重厚な古典らしさが盛り込まれた本作について、吉田は「1年一緒に仕事をして、ダンサーたちが私の求める表現方法を少しずつ感じてくれています。『白鳥の湖』ではより深い作品作りが目指せるはずなので、私も楽しみ」と言う。続くクリスマスシーズンにはウエイン・イーグリング振付「くるみ割り人形」が登場。「古典も進化していかなければ」という意識のもと、吉田は昨年公演で表現にメリハリを付けるなど、本作をニュアンスの異なる作品として立ち上げた。今回は、家族が集まって楽しめるようにと年明けまで上演される。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。[拡大]

来年1月の「ニューイヤー・バレエ」では、振付家フレデリック・アシュトンのマスターピース「夏の夜の夢」と、新国立劇場ではおなじみの「テーマとヴァリエーション」という、タイプの違うダブル・ビルを上演。また、2月の「吉田都セレクション」ではウィリアム・フォーサイス振付「精確さによる目眩くスリル」、昨年上演がかなわなかった「ファイヴ・タンゴ」の2演目、「『こうもり』より『グラン・カフェ』」のトリプル・ビルがお目見えする。「吉田都セレクション」というタイトルに吉田は恥ずかしそうな表情を浮かべながらも、「子供たちというよりは“大人バレエ”。コロナの状況がどうなっているかわかりませんが、シャンパンを飲みながら大人たちに軽く楽しんでいただくようなトリプル・ビルになっています」とほほを緩めた。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。

「新国立劇場 2021 / 2022シーズン 舞踊ラインナップ説明会」より、吉田都。[拡大]

また、2月には新たな試みとして“エデュケーショナル・プログラム”と題された教育プロジェクトが始動する。vol.1「ようこそ『シンデレラ』のお城へ!」では5月に上演を控えるアシュトン振付「シンデレラ」をもとに、バレエ芸術の作られ方や作品解説、インタビューを通して作品やバレエの面白さを伝えていく。その後、2018 / 2019シーズンに上演されたクリストファー・ウィールドン振付の「不思議の国のアリス」が、昨年の公演中止を経てカムバック。また、7月にはコロナ対策の工夫が施された振付や演出も記憶に新しい、こどものためのバレエ劇場「竜宮~亀の姫と季の庭~」が、昨年に続きリニューアルして上演される。

そのほか、ダンスのラインナップには「Dance to the Future: 2021 Selection」、小野寺修二構成・演出のカンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」、森山開次振付の「新版・NINJA」が並んだ。

この記事の画像(全5件)

新国立劇場 2021 / 2022シーズンラインナップ[舞踊]

バレエ

「白鳥の湖」

2021年10月23日(土)~11月月3日(水・祝)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

「くるみ割り人形」

2021年12月18日(土)~2022年1月3日(月)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

「『ニューイヤー・バレエ』夏の夜の夢 / テーマとヴァリエーション」

2022年1月14日(金)~16日(日)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

「『吉田都セレクション』精確さによる目眩くスリル / ファイヴ・タンゴ / 『こうもり』より『グラン・カフェ』」

2022年2月19日(土)~23日(水・祝)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

「シンデレラ」

2022年4月30日(土)~5月5日(木・祝)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

「不思議の国のアリス」

2022年6月3日(金)~12日(日)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

こどものためのバレエ劇場 2021「竜宮 りゅうぐう~亀の姫と季の庭~」

2021年7月24日(土)~27日(火)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

演出・振付:森山開次

エデュケーショナル・プログラム vol.1「ようこそ『シンデレラ』の城へ!」

2022年2月26日(土)・27日(日)

ダンス

新国立劇場バレエ団「DANCE to the Future: 2021 Selection」

2021年11月27日(土)・28日(日)
東京都 新国立劇場 中劇場

小野寺修二 カンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」

2022年3月18日(金)~21日(月・祝)
東京都 新国立劇場 小劇場

構成・演出:小野寺修二

森山開次「新版・NINJA」

2022年6月25日(土)・26日(日)
東京都 新国立劇場 中劇場

振付・演出・アートディレクション:森山開次
出演:森山開次 ほか

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

吉田都のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田都 / 小野寺修二 / 森山開次 / カンパニーデラシネラ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします