山内晶のAAF戯曲賞受賞作「朽ちた蔓延る」を篠田千明が演出、“市民”役募集中

31

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」が、11月7日から9日まで愛知・愛知県芸術劇場 小ホールで上演される。

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」ビジュアル

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」ビジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

7月に行われたワークインプログレスの様子。

7月に行われたワークインプログレスの様子。[拡大]

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」のスタッフ、キャスト。

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」のスタッフ、キャスト。[拡大]

「朽ちた蔓延る」は、昨年1月に第18回AAF戯曲賞で大賞を受賞した山内晶の戯曲。今回は、同戯曲賞で審査員を務めた篠田千明の演出により立ち上げられる。作中では、架空の遺跡を舞台に、日本人観光客や歴史学者の妻、かつて遺跡を築いた王など、時代や立場の異なる人物が各々の視点で独白を展開。一部シーンでは、インドネシアの伝統的な影絵芝居ワヤン・クリも取り入れられる。出演者には、Nanang / アナント・ウィチャクソノ、劇団子供鉅人の益山寛司、情熱のフラミンゴのMIKI the FLOPPY、てんぷくプロの入馬券が名を連ねた。上演に向け、篠田は「歴史、自分、人間、文化とは何か、本物とは何か、そもそも本物は誰が決めるのか、などの問いを改めて考察する作品です。多彩なシチュエーションとスタッフが魅力です」とコメントした。

また12月26日から来年1月17日にかけては、本作のアーカイブ映像がPIA LIVE STREAMで配信される。視聴チケットの販売期間は11月4日10:00から1月17日12:00まで。なお本公演では、劇中に登場する“市民”役の参加者を募集中だ。募集人数は各公演10名程度。参加条件については劇場の公式サイトで確認を。

ステージナタリーでは「朽ちた蔓延る」特集を展開中。篠田へのインタビューのほか、セノグラフィーチームからのメッセージを掲載している。

この記事の画像(全5件)

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」

2020年11月7日(土)~9日(月)
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

作:山内晶
演出:篠田千明
ワヤンアシスタント:西田有里
音楽ドラマトゥルク:樅山智子
セノグラフィー:Liam Morgan、Awattha Thanaphanit、上田剛
翻訳(英語):山田カイル
出演:Nanang / アナント・ウィチャクソノ、益山寛司、MIKI the FLOPPY、入馬券

第18回AAF戯曲賞受賞記念公演「朽ちた蔓延る」アーカイブ配信

202012月26日(土)~2021年1月17日(日)

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

篠田千明のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 篠田千明 / 山内晶 / 益山寛司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします