愛知県芸術劇場「ダンス・セレクション2020」に倉田翠・柿崎麻莉子、WSも

12

「ダンス・セレクション2020」が10月2・3日に愛知・愛知県芸術劇場 小ホールで開催される。

akakilike「家族写真」(c)Kai Maetani

akakilike「家族写真」(c)Kai Maetani

大きなサイズで見る(全2件)

柿崎麻莉子「The stillness of the wind」(c)伊藤孝

柿崎麻莉子「The stillness of the wind」(c)伊藤孝[拡大]

愛知県芸術劇場のミニシアターセレクション、通称「ミニセレ」の一環として2018年にスタートした「ダンス・セレクション」は、同劇場プロデューサー選りすぐりの“今、観るべきダンス”を上演する企画。今年上演されるのは、倉田翠 / akakilike「家族写真」、柿崎麻莉子「The stillness of the wind」の2作品だ。

倉田演出による「家族写真」では、一見すると幸福そうに見える家族に潜む、精神的な病や問題が浮き彫りに。「The stillness of the wind」では、イスラエル・バットシェバ舞踊団アンサンブル出身の柿崎によるソロが披露される。

なお10月4日には、関連イベントとして同劇場の大リハーサル室でダンスワークショップを実施。「『家族写真』関連セルフポートレイト撮影ワークショップ『Hours』」では、参加者が自分の姿を撮影し、ダンスとは何か、人前に立つとはどういうことかを模索する。講師を「家族写真」の出演者で写真家の前谷開が務め、パフォーマーを倉田が担当する。また「『The stillness of the wind』身体の知覚ワークショップ」では、柿崎による振付ワークショップが展開。ワークショップの定員は各10名程度まで。申込方法は劇場の公式サイトで確認を。

この記事の画像(全2件)

「ダンス・セレクション2020」

2020年10月2日(金)・3日(土)
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

倉田翠 / akakilike「家族写真」

演出:倉田翠
出演:倉田翠、迫沼莉子、今村達紀、筒井潤寺田みさこ、前谷開、佐藤健大郎

柿崎麻莉子「The stillness of the wind」

振付・出演:柿崎麻莉子

関連ワークショップ

「『家族写真』関連セルフポートレイト撮影ワークショップ『Hours』」

2020年10月4日(日)10:00~12:00
愛知県 愛知県芸術劇場 大リハーサル室

講師:前谷開
パフォーマー:倉田翠

「『The stillness of the wind』身体の知覚ワークショップ」

2020年10月4日(日)14:00~15:30
愛知県 愛知県芸術劇場 大リハーサル室

講師:柿崎麻莉子

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

倉田翠のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 倉田翠 / akakilike / 柿崎麻莉子 / 筒井潤 / 寺田みさこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします