劇場への距離を忘れないように、ほろびてが「ぼうだあ」をYouTubeで無料配信中

35

ほろびてが「ぼうだあ」の公演映像を、5月31日25:00までYouTubeにて配信している。

ほろびて「ぼうだあ」より。

ほろびて「ぼうだあ」より。

大きなサイズで見る(全3件)

ほろびて「ぼうだあ」より。

ほろびて「ぼうだあ」より。

2010年に旗揚げされたほろびては、細川洋平が主宰する団体。東京のOFF・OFFシアターで今年2月から3月にかけて上演された「ぼうだあ」は、ある日突然家の中に“線”ができてしまった持田家の物語だ。

出演者にはほろびてメンバーの三浦俊輔に加え、藤代太一三森麻美大場みなみ久具巨林、平井友稀奈が名を連ねた。作・演出を手がける細川は、今回の配信について「20年2月、公演本番の日が近づくごとに、新型コロナウイルス感染症の影響が拡がり、公演中止か決行か迷いながらの日々でした。公演は千穐楽まで行いましたが、周囲の状況はご存じの通りです。遠ざかる劇場への距離を忘れないように、自分たちのまずできること。そして、広くいろんな方に見てもらいたいという思いから公開することにしました。2時間ある作品ですが、ぜひご覧ください」とコメントしている。視聴は無料だが、ほろびては公式noteでサポートを受け付けている。

細川洋平コメント

「ぼうだあ」というタイトルは、ボーダー、棒打、滂沱といった意味を含めた言葉として付けました。分断や差別は、そもそも線を引くという行為や意識とは不可分であり、国、会社、家族、性別など、何かに属することは、自分が属さないものをどうしても作ってしまいます。また、「踏み越える」「跨ぐ」といった行為は、線を境にした変化を表します。社会に偏在する、発生する、「なぜ」からはじまった作品です。

20年2月、公演本番の日が近づくごとに、新型コロナウイルス感染症の影響が拡がり、公演中止か決行か迷いながらの日々でした。公演は千穐楽まで行いましたが、周囲の状況はご存じの通りです。遠ざかる劇場への距離を忘れないように、自分たちのまずできること。そして、広くいろんな方に見てもらいたいという思いから公開することにしました。

2時間ある作品ですが、ぜひご覧ください。

この記事の画像・動画(全3件)

ほろびて「ぼうだあ」配信(2020年2月29日公演回)

2020年5月22日(金)17:00~31日(日)25:00

作・演出:細川洋平
出演:三浦俊輔藤代太一三森麻美大場みなみ久具巨林、平井友稀奈

関連記事

ほろびてのほかの記事

リンク