ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

OP・EDではダンスも披露!「おお振り」ダブルヘッダー特別公演が開幕

54

ダブルヘッダー特別公演「『おおきく振りかぶって』 / 『おおきく振りかぶって 秋の大会編』」ゲネプロインタビューより。

ダブルヘッダー特別公演「『おおきく振りかぶって』 / 『おおきく振りかぶって 秋の大会編』」ゲネプロインタビューより。

「『おおきく振りかぶって』 / 『おおきく振りかぶって 秋の大会編』」が、昨日2月14日に東京・サンシャイン劇場で開幕した。これに先駆け同日、ゲネプロとゲネプロインタビューが行われた。

本作は、ひぐちアサによる野球マンガ「おおきく振りかぶって」の舞台化作品。“ダブルヘッダー特別公演”と銘打たれた今回は、舞台版第1弾「おおきく振りかぶって」の再演と、新作「おおきく振りかぶって 秋の大会編」の2作品が上演される。

ゲネプロインタビューには、脚本と演出を担当する成井豊、主人公・三橋廉役の西銘駿、阿部隆也役の大橋典之、榛名元希役の神永圭佑、秋丸恭平役の佐伯亮、そして劇中曲を手がけたBase Ball Bearが登場。まず佐伯は本作の見どころを「三橋が西浦高校の仲間と出会って、仲間の存在を感じ、日々成長していく姿。三橋役の西銘くんは、すごく熱いものを持っているんです」と熱弁。さらに劇中のオープニングとエンディングでダンスを踊ることを明かし、「西浦高校はチーム感あふれるフォーメーション、敵校は敵校ならではのカッコよさや存在感がある。そこも観ていただければ」と語った。

野球経験者である神永は「僕は右投げ右打ちのキャッチャーだったんですけど、今回演じる榛名は左投げ左打ちのピッチャー。まあ正反対ですね(笑)。左打ちは少し経験があるのですが、左投げはまったくやったことがなかったので、そこに苦労しました」と話す。大橋は阿部と三橋の関係性を「1作目では、阿部が三橋を引っ張っていく感じ。2作目の夏の大会編では、三橋と手を組むことの大切さに気づいて、3作目でようやく手を取り合ったうえでの試合運びができるようになった。最初は足し算だったものが掛け算になっていくように、2人の関係に相乗効果が生まれてきている」と分析した。

西銘は、カンパニーの雰囲気を「稽古を繰り返すうちに、みんなふざけ方も高校生っぽくなっていくんです。ずっと笑いの耐えない稽古場で楽しかった」と振り返る。成井は、今回2作品それぞれの稽古をする中で苦労した点について、「役者たちがいろいろなことを忘れることですね(笑)」と発言し、俳優陣を笑わせる。「2作品の中で4試合もあるので、ここは打つのか、もしくは三振なのか、っていうのを瞬間的に忘れるんでしょうね。稽古が7週間もあったので、さすがに最後の2週目くらいは芝居が固まり、忘れることもありませんでしたが……そこが一番大変でした(笑)」とコメントした。上演時間は2作品とも約2時間。公演は2月24日まで。

ダブルヘッダー特別公演「『おおきく振りかぶって』 / 『おおきく振りかぶって 秋の大会編』」

2020年2月14日(金)~24日(月・祝)
東京都 サンシャイン劇場

原作:ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」(講談社「アフタヌーン」連載)
脚本・演出:成井豊

キャスト

西浦高校
三橋廉:西銘駿
阿部隆也:大橋典之
百枝まりあ:渡邊安理
花井梓:白又敦
田島悠一郎:大野紘幸
泉孝介:安川純平
栄口勇人:竹鼻優太
沖一利:中村嘉惟人
水谷文貴:湯本健一
巣山尚治:齋藤健心
西広辰太郎:亀井賢治
篠岡千代:澤田美紀
志賀剛司:筒井俊作

武蔵野第一高校
榛名元希:神永圭佑
秋丸恭平:佐伯亮
加具山直人:島野知也

桐青高校
高瀬準太:越智友己
河合和己:永岡卓也
島崎慎吾:松本祐一

三星学園
叶修悟:西川俊介
織田裕行:鶏冠井孝介
畠篤史:吉田英成

(c)ひぐちアサ・講談社/舞台「おおきく振りかぶって 2020」製作委員会

ステージナタリーをフォロー