成井豊

成井豊

ナルイユタカ

1961年、埼玉県生まれ。劇作家・演出家、成井硝子店三代目店主。早稲田大学第一文学部卒業後、高校教師を経て、1985年に演劇集団キャラメルボックスを創立。劇団では、脚本・演出を担当。オリジナル作品のほか、北村薫、東野圭吾、伊坂幸太郎、辻村深月、筒井康隆といった作家の小説の舞台化を手がけてきた。代表作に「銀河旋律」「広くてすてきな宇宙じゃないか」「また逢おうと竜馬は言った」「サンタクロースが歌ってくれた」など。2019年、劇団の活動休止後は、同年に立ち上げた演劇団体・成井硝子店での活動や、梅棒とのコラボレート公演など、外部公演での脚本・演出も行っている。日本演出者協会理事。