ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「CHESS」稽古、佐藤隆紀がラミン・カリムルーらを称賛「奇跡だと思った」

688

ラミン・カリムルー(中央)

ラミン・カリムルー(中央)

「CHESS THE MUSICAL」の公開稽古と囲み取材が、本日1月16日に東京都内で実施された。

本作は、音楽グループABBAのメンバーのベニー・アンダーソンとビョルン・ウルヴァースが作曲し、ティム・ライスが原案・作詞を担当したミュージカル。新演出版となる今回はロンドン初演版の台本を使用し、演出・振付をニック・ウィンストンが手がける。公開稽古にはラミン・カリムルーをはじめ、映画「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役で知られる初来日のサマンサ・バークス、同じく初来日のルーク・ウォルシュ、そしてLE VELVETSの佐藤隆紀らが登場した。

稽古ではまず、アービター役の佐藤がアンサンブルのシャープなダンスをバックに「The Story of Chess」を歌唱。続いてはフローレンス役のサマンサが「Nobody’s Side」を力強く歌い上げ、フレディ役のルーク・ウォルシュが「Pity the Child」でパワフルなパフォーマンスを披露する。最後はアナトリー役のラミン・カリムルーがアンサンブルと共に「Anthem」を歌い、記者たちから大きな拍手を浴びた。

この日が稽古参加2日目だったと言うラミンは「皆様にお見せすることでひとつの指標ができた」と手応えを語り、「また日本に来られてうれしい。きっと良い作品になると思いますので、ぜひ来てください」と呼びかける。サマンサは「ラミンに日本語を教わっていて、日に日に上達しています」と笑顔を見せ、「『CHESS』は音楽がすごく面白い。『One Night In Bangkok』にハマって、家族の頭がおかしくなりそうなくらい家で流していました(笑)」とエピソードを交えて楽曲の魅力をアピールした。

ルークは「この作品を経験できるのは素敵なこと」と微笑み、「アンサンブルの皆さんが本当に素晴らしい」と厚い信頼を寄せる。開幕に向けては「才能溢れる皆さんと共演できてうれしい。上演が楽しみです」と期待を寄せた。佐藤は「ハロージャパン! マイネームイズ“シュガー”」と英語で自身のニックネームを紹介して場内の笑いを誘う。さらに共演者の歌声を「奇跡だと思った」と称賛しながら「来日している皆さんに追いつけ追い越せの気持ちで、日本のキャストもがんばっています」と話し、「歴史に翻弄される恋愛模様を描いたストーリーも面白い。ご期待ください」と言葉に力を込めた。

演出・振付のニックはコンサート形式で上演されることが多い本作について「『CHESS』は『コーラスライン』『ドリームガールズ』で知られるマイケル・ベネットが演出を担当するはずが、彼が体調を崩して降板したため、代わってトレヴァー・ナンが演出した」と解説し、「もともとベネットはフィジカルな作品を作ろうとしていたのだと思いますが、ナンの演出はそれとは異なる方向性だった。このため『CHESS』の確固たる青写真が作られなかったのでは」と分析する。今回の演出プランについては「ベネットが目指していたように、フィジカルで作品を見せたい」と明かした。

「CHESS THE MUSICAL」の公演は1月25日から28日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、2月1日から9日まで東京・東京国際フォーラム ホールCにて。

「CHESS THE MUSICAL」

2020年1月25日(土)~28日(火)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2020年2月1日(土)~9日(日)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

作曲:ベニー・アンダーソン / ビョルン・ウルヴァース
原案・作詞:ティム・ライス
演出・振付:ニック・ウィンストン
出演:ラミン・カリムルー、サマンサ・バークス / ルーク・ウォルシュ、佐藤隆紀(LE VELVETS) / エリアンナ、増原英也 / 飯野めぐみ、伊藤広祥、大塚たかし、岡本華奈、柴原直樹、仙名立宗、染谷洸太、中井智彦菜々香、二宮愛、則松亜海、原田真絢、武藤寛、森山大輔、綿引さやか和田清香

※初出時、キャストに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー