ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

烏丸ストロークロック「まほろばの景」2020年版が4都市ツアーへ

48

烏丸ストロークロック「まほろばの景」より。(撮影:東直子)

烏丸ストロークロック「まほろばの景」より。(撮影:東直子)

烏丸ストロークロック「まほろばの景 2020」が、1月から3月にかけて兵庫、東京、三重、広島にて上演される。

「まほろばの景 2020」は、2017年に宮城県仙台市で取材と滞在制作が行われ、2018年に初演された「まほろばの景」をリクリエーションするもの。東日本大震災の津波で故郷である仙台の実家を失った福村洋輔は、各地の災害ボランティアに携わる中で知的障害者施設のヘルパーになり、利用者の盛山和義に出会う。ある日、盛山が出奔してしまい……。

作・演出を柳沼昭徳が担当。出演者には阪本麻紀、澤雅展のほか、劇団こふく劇場のあべゆう、第七劇場の小菅紘史、劇団 短距離男道ミサイルの小濱昭博が名を連ねた。

公演は1月25日から27日に兵庫のAI・HALL、2月16日から23日に東京・東京芸術劇場 シアターイースト、2月29日・3月1日に三重・三重県文化会館 小ホール、3月6日から8日に広島・広島市東区民文化センター ホールにて。チケットは12月7日に発売スタート。

※初出時、タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

烏丸ストロークロック「まほろばの景 2020」

2020年1月25日(土)~27日(月)
兵庫県 AI・HALL

2020年2月16日(日)~23(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2020年2月29日(土)・3月1日(日)
三重県 三重県文化会館 小ホール

2020年3月6日(金)~8日(日)
広島県 広島市東区民文化センター ホール

作・演出:柳沼昭徳
音楽・演奏:中川裕貴
出演:阪本麻紀、澤雅展、あべゆう、小菅紘史小濱昭博

ステージナタリーをフォロー