朗読劇「文豪、そして殺人鬼」第3弾決定、出演に酒井広大・永野由祐ら

126

オリジナル朗読劇「文豪、そして殺人鬼」が、12月7・8日に東京・北沢タウンホールで上演される。

オリジナル朗読劇「文豪、そして殺人鬼」ロゴ

オリジナル朗読劇「文豪、そして殺人鬼」ロゴ

大きなサイズで見る(全7件)

本作は、昭和40年代を舞台に、若き小説家とハンディキャップを背負った青年、心中事件を追う記者の奇妙な関係を描くミステリー。1月と6月に上演され、今回が3度目の上演となる。

脚本を七角計、演出を山口磨美が手がけ、12月7日公演には酒井広大、近藤孝行新垣樽助、8日公演には永野由祐、増元拓也、興津和幸が出演。

この記事の画像(全7件)

オリジナル朗読劇「文豪、そして殺人鬼」

2019年12月7日(土)・8日(日)
東京都 北沢タウンホール

脚本:七角計
演出:山口磨美
シナリオ監修:HolicWorks株式会社

出演

12月7日:酒井広大、近藤孝行新垣樽助
12月8日:永野由祐、増元拓也、興津和幸

全文を表示

関連記事

近藤孝行のほかの記事

リンク

(c)文豪、そして殺人鬼

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 近藤孝行 / 新垣樽助 / 興津和幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします