ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

婚活題材にした木村花代主演作開幕、「“人生は面白い”と思えたら最高」

248

ミュージカル「人生のピース」より。

ミュージカル「人生のピース」より。

朝比奈あすかの小説を原作としたミュージカル「人生のピース」が、昨日8月8日に東京・東京芸術劇場 シアターウエストで開幕した。

「人生のピース」は、中学から高校まで女子校で共に過ごした34歳の女性3人による“婚活ストーリー”。横山清崇が脚本・演出を手がけるミュージカル版には、木村花代、初のミュージカル出演となるオリエンタルラジオ藤森慎吾、三宅祐輔、五十嵐可絵、青山郁代らが出演する。

主人公・大林潤子役を演じる木村は「観に来て下さった方が自分の無意識に植え付けられた価値観から解放される事が原作者の朝比奈あすかさんと演出家の願いです。私自身も演じながら、今までの人生を抱きしめて、未来の不安をも受け入れて『人生は面白い』と思えたら最高だなと。心の中に優しい気持ちが生まれる作品です」とコメントした。公演は8月12日まで。

ミュージカル「人生のピース」

2019年8月8日(木)~12日(月・祝)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

原作:朝比奈あすか「人生のピース」(双葉社)
脚本・演出:横山清崇
作曲・音楽監督:小澤時史
出演:木村花代 / 藤森慎吾、三宅祐輔、五十嵐可絵、青山郁代遠山景織子弘中麻紀、友石竜也、斎藤准一郎、福留瞬、吉田萌美 ほか

※藤森慎吾と三宅祐輔、斎藤准一郎と福留瞬はWキャスト。

ステージナタリーをフォロー