ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

西田大輔演出、舞台「憂国のモリアーティ」上演決定!主演は荒牧慶彦

1104

舞台「憂国のモリアーティ」が、来年2020年1月から2月にかけて東京と大阪で上演される。

「ジャンプSQ.」(集英社)で連載されている「憂国のモリアーティ」は、原作・構成を竹内良輔、漫画を三好輝が手がけるマンガ。アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズ」シリーズにおけるホームズの最大の敵・モリアーティ教授を主人公とし、階級制度に縛られた大英帝国の闇と変革を描く。

「憂国のモリアーティ」を原作とした舞台「憂国のモリアーティ」では、脚本・演出を西田大輔が担当。主人公のウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役を荒牧慶彦、兄のアルバート・ジェームズ・モリアーティ役を瀬戸祐介、弟のルイス・ジェームズ・モリアーティ役を糸川耀士郎が演じる。なお今年19年5月には、同作をもとにしたミュージカル「憂国のモリアーティ」が西森英行脚本・演出により上演された。

舞台「憂国のモリアーティ」の公演は、2020年1月10日から19日まで東京・EX THEATER ROPPONGI、1月31日から2月2日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで行われる。公演詳細は続報を待とう。

舞台「憂国のモリアーティ」

2020年1月10日(金)~19日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

2020年1月31日(金)~2月2日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原作・構成:竹内良輔
漫画:三好輝
脚本・演出:西田大輔

キャスト

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:荒牧慶彦
アルバート・ジェームズ・モリアーティ:瀬戸祐介
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:糸川耀士郎
ほか

(c)竹内良輔・三好 輝/集英社 (c)舞台「憂国のモリアーティ」製作委員会

ステージナタリーをフォロー