岡田利規演出「プラータナー」で展開、観客参加型アフタートーク

34

岡田利規が脚本・演出を手がける「プラータナー:憑依のポートレート」の7月6日13:00開演回終演後に、関連イベント「あなたのポストトーク」が開催される。

ウティット・ヘーマムーン×岡田利規×塚原悠也「プラータナー:憑依のポートレート」メインビジュアル(宣伝美術・写真:松見拓也)

ウティット・ヘーマムーン×岡田利規×塚原悠也「プラータナー:憑依のポートレート」メインビジュアル(宣伝美術・写真:松見拓也)

大きなサイズで見る(全6件)

これは、「プラータナー」を観劇した人たちが、作品の感想を語り、聞き、描く、観客参加型イベント。チケットを提示すれば、7月6日以外に観劇した人も参加できる。

「プラータナー:憑依のポートレート」は、タイ文学の新鋭ウティット・ヘーマムーンの自伝的小説を、岡田が舞台化した作品。昨年2018年8月にタイで初演され、今回は国際交流基金アジアセンターが主催する、日本と東南アジアの文化交流の祭典「響きあうアジア2019」の1プログラムとして上演される。公演は7月7日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて。

ステージナタリーでは「プラータナー:憑依のポートレート」特集を展開中。岡田と、タイ初演を観届けた演劇ジャーナリスト・徳永京子の対談、さらにセノグラフィー・振付を担当する塚原悠也のコメントを掲載している。

この記事の画像(全6件)

ウティット・ヘーマムーン×岡田利規×塚原悠也「プラータナー:憑依のポートレート」

2019年6月27日(木)~7月7日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

原作:ウティット・ヘーマムーン
脚本・演出:岡田利規
セノグラフィー・振付:塚原悠也

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

岡田利規のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田利規 / 塚原悠也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします