ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

大河ドラマ「麒麟がくる」語りは市川海老蔵、片岡愛之助らの出演も明らかに

114

「麒麟がくる」キャスト発表会見の様子。

「麒麟がくる」キャスト発表会見の様子。

長谷川博己主演のNHK大河ドラマ第59作「麒麟がくる」の語りを、市川海老蔵が務めることがわかった。

海老蔵は「2020年はオリンピックの年であり、私事ではありますが襲名の年でもあります。そのような節目の年にこのような大役をいただき、大変光栄に思っております。魅力的な作品づくりの一助となるよう、精一杯勤めさせていただきます」と意気込みを述べている。

なお本日6月17日には出演者発表会見が東京・NHK放送センターで行われ、新キャストとして木村文乃南果歩村田雄浩徳重聡片岡愛之助檀れい佐々木蔵之介滝藤賢一谷原章介眞島秀和吉田鋼太郎が登場することも明らかになった。

「麒麟がくる」では、戦国時代を舞台に各地の英傑が天下を狙って戦う物語が展開。長谷川が演じる主人公・明智光秀のほか、織田信長、斎藤道三、今川義元、豊臣秀吉、徳川家康などが登場するオリジナルストーリーが描かれる。本作の放送は、2020年1月よりスタート。

ステージナタリーをフォロー