ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

古屋兎丸「アマネ†ギムナジウム」が写真集に、橋本祥平&佐藤永典が登場

5185

橋本祥平佐藤永典が参加するコンセプトフォトブック「アマネ†ギムナジウム(仮)」が、7月12日にインディペンデントワークスから発売される。

これはマンガ「ライチ☆光クラブ」や「帝一の國」で知られる古屋兎丸と、写真家の小林裕和がタッグを組んだ実写化プロジェクト第1弾。今回は、古屋が人形作家と7体の球体関節人形を描くマンガ「アマネ†ギムナジウム」を、小林の撮影により写真集化する。

フォトブックでは橋本がフィリクス役、佐藤がヨハン役を担当。原作の“聖地”であるドイツ・ベーベンハウゼン修道院でのカットや、人形作家・泥方陽菜が制作したフィリクスとヨハンのドールの撮り下ろしなどが収録される。なお7月14日には本書の出版記念イベントが行われ、古屋、橋本、佐藤、小林が登壇。イベントの詳細は本プロジェクトの公式Twitterで確認しよう。

ステージナタリーをフォロー