ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

柄本佑&時生出演、柄本明演出「ゴドー」追うドキュメンタリー上映

251

「柄本家のゴドー」より。

「柄本家のゴドー」より。

ドキュメンタリー作品「柄本家のゴドー」が、4月20日から東京・ユーロスペースで上映される。

柄本佑柄本時生の兄弟が組む演劇ユニット・ET×2は、2014年にサミュエル・ベケットの不条理劇「ゴドーを待ちながら」に挑み、17年には、父である柄本明を演出に迎えて再び同作を上演した。撮影・演出を山崎裕、構成・編集を五十嵐久美子が務めた「柄本家のゴドー」は、17年版「ゴドーを待ちながら」の稽古場を捉えたドキュメンタリー作品。作中では、演出家と俳優の関係を超え、父から子へと芸が伝承される様子が記録されるほか、劇団東京乾電池の面々も登場する。

ステージナタリーをフォロー