生田萬の約30年ぶり新作、座・高円寺の劇場創造アカデミー「犬と少女」

29

座・高円寺の劇場創造アカデミー9期生による修了上演「犬と少女」が、2月22・23日に東京の座・高円寺1で行われる。

座・高円寺 冬の劇場28 劇場創造アカデミー9期生修了上演「犬と少女」チラシ表

座・高円寺 冬の劇場28 劇場創造アカデミー9期生修了上演「犬と少女」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

劇場創造アカデミーは、同劇場が演劇や劇場の専門家の育成を目的として設置している演劇学校。今回は同アカデミーのカリキュラムディレクターを務める生田萬が約30年ぶりに書き下ろした新作を、生田自身の演出により上演する。

公演の公式サイトおよびチラシには「すべてのことはいつかは変わる でも何も変わらない 人は死に、生まれてくる そのはざまで、人は漂う。ただ漂う」とキーワードが記された。なお演出協力・美術は、座・高円寺の芸術監督である佐藤信が担当する。上演時間は約1時間30分を予定。

この記事の画像(全2件)

座・高円寺 冬の劇場28 劇場創造アカデミー9期生修了上演「犬と少女」

2019年2月22日(金)・23日(土)
東京都 座・高円寺1

作・演出:生田萬
演出協力・美術:佐藤信
出演:大谷莉々、服部容子、竹田茂生、山田宗一郎、石橋和也、河原舞、崎田ゆかり、牧凌平

リンク

関連記事