ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

無名塾稽古場公演でイプセン「野鴨」、笹部博司「グチャグチャの、命がけの試合」

56

無名塾の稽古場公演「野鴨」が、2月8日から17日まで東京・仲代劇堂で上演される。

無名塾は、仲代達矢が主宰する俳優養成所。今回はヘンリック・イプセンの「野鴨」を、笹部博司の上演台本と演出で上演する。キャストには、渡辺梓、渡邉翔、高橋真悠中山研鎌倉太郎別所晋、大塚航二朗、平井真軌、西山知佐が名を連ねた。

上演に際し笹部は、「先の見えない、グチャグチャの、命がけの試合が面白い。今回の『野鴨』はそんな舞台を目指している」と目標を掲げ、仲代は「人間心理の綾を縫ったイプセンの巧妙な伏線は、どんな芝居をやるにしろその土台となるもの、自分たちの未来を見すえ果敢に挑戦して行って下さい!」と出演者にエールを送っている。

笹部博司コメント

先の見えない、グチャグチャの、命がけの試合が面白い。今回の「野鴨」はそんな舞台を目指している。出演者の方たちにはのたうち回っていただきたい。そしてこう叫んで欲しい。「ああ苦しい」「ああ辛い」「ああ面白い」「ああ楽しい」と。人間は愚かさの塊で、人生は間違いの宝庫だ。

仲代達矢コメント

人間心理の綾を縫ったイプセンの巧妙な伏線は、どんな芝居をやるにしろその土台となるもの、自分たちの未来を見すえ果敢に挑戦して行って下さい!

無名塾 稽古場公演2019「野鴨」

2019年2月8日(金)~17日(日)
東京都 仲代劇堂

作:ヘンリック・イプセン
翻訳:楠山正雄
上演台本・演出:笹部博司
出演:渡辺梓、渡邉翔、高橋真悠中山研鎌倉太郎別所晋、大塚航二朗、平井真軌、西山知佐

※高橋真悠の「高」は、はしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー