ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

森雪之丞×岸谷五朗×屋良朝幸「ロカビリー☆ジャック」テーマ音楽は斉藤和義

389

ミュージカル「ロカビリー☆ジャック」が、12月に東京・シアタークリエで上演される。

本作は作・作詞・楽曲プロデュースを森雪之丞、演出を岸谷五朗が手がける新作ミュージカル。出演者には屋良朝幸をはじめ海宝直人昆夏美平野綾吉野圭吾が名を連ねた。2013、15年に上演されて好評を博したミュージカル「SONG WRITERS」を作り上げた森、岸谷、屋良がどのような物語を立ち上げるのか、楽しみにしておこう。なお本公演のテーマ音楽は斉藤和義が担当する。

上演に際し森は「悪魔に愛と魂を売り渡してスターの座を手に入れたロカビリー・シンガーの不思議な話、とでも言っておきましょう」と期待を煽り、岸谷は「雪之丞さん屋良っち、そして新たなる素晴らしきキャスト・スタッフと新作を世に発表できる喜びに早くも興奮しています」と胸の内を明かす。さらに屋良は「『SONG WRITERS』の時は、芝居にしても歌にしても、自分の足りない部分がたくさんあることに気付けたので、また、お二人に力をお借りして、新しい自分を見つけられたらと思います」と期待を寄せた。公演は12月5日から30日まで。チケットの一般販売は9月にスタートする予定だ。

森雪之丞コメント

本作の構想について
お聞かせしたいのですが、仕掛けが一杯ある物語なので、残念ながら今は何も明かせません。表向きは、悪魔に愛と魂を売り渡してスターの座を手に入れたロカビリー・シンガーの不思議な話、とでも言っておきましょう。

岸谷五朗、屋良朝幸とチームを組むことについて
15年程前、ミュージカルに目覚めた僕にブロードウェイの素晴らしさを教えてくれたのは岸谷五朗です。二人で相当な数の舞台を観て、互いの感想を肴に酒を酌み交わした、その夜の空気の色や雑踏の匂いが今回の作品にも滲み出ると思います。また二幕には“葛藤”を表すジャックの大ダンス・ナンバーがありますので、エッヂの効いた屋良くんのパフォーマンスを今から楽しみにしています。そして今回、作曲で斉藤和義が参加してくれることになりました。テーマ曲は既に上がっていますが、最高にブルージーな逸品です。どうぞご期待ください。

岸谷五朗コメント

雪之丞さん屋良っち、そして新たなる素晴らしきキャスト・スタッフと新作を世に発表できる喜びに早くも興奮しています。より研ぎ澄まされたエンターテイメントを厳しい稽古を積み、皆で切磋琢磨しながら興奮しながら必死こいて構築して参ります。劇場でお待ちしております。

屋良朝幸コメント

雪之丞さんの言葉の美しさと、五朗さんの芝居に対する熱い情熱をまた感じられることが出来ると思うと今から楽しみです。「SONG WRITERS」の時は、芝居にしても歌にしても、自分の足りない部分がたくさんあることに気付けたので、また、お二人に力をお借りして、新しい自分を見つけられたらと思います。

ミュージカル「ロカビリー☆ジャック」

2019年12月5日(木)~30日(月)
東京都 シアタークリエ

作・作詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
演出:岸谷五朗
出演:屋良朝幸海宝直人昆夏美 / 平野綾吉野圭吾 ほか

ステージナタリーをフォロー