ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「紫猫のギリ」開幕、化け猫役の石原壮馬「人間離れした獣のような殺陣を」

1008

「紫猫のギリ」より。

「紫猫のギリ」より。

「紫猫のギリ」が、昨日1月23日に東京・シアターグリーン BOX in BOX THEATERで開幕した。

脚本を中瀬理香、演出をIKKANが手がける本作は、殺陣やアクションをふんだんに盛り込んだファンタジー作品。劇中では江戸時代を舞台に、化け猫として生まれた主人公・ギリの葛藤や、ギリと仲間の友情が描かれる。キャストには、劇団プレステージの石原壮馬太田将熙、30-DELUXの村瀬文宣竹之内景樹、森大、西村信章、劇団4ドル50セントの奈波慎剛といった面々がそろった。

ゲネプロ後には取材会が実施され、出演者たちが出席した。殺陣に初挑戦すると言うギリ役の石原は「人間離れした獣のような殺陣の中で、ギリが内に秘めた心情を描いていきたい」と意気込み、村瀬は「役として、“守る殺陣”を意識してやっていきたいです」とコメント。太田は自身の演じる役どころを「明るく振る舞っていますが孤独を抱えている」と分析し、「その二面性を表現して作品に深みを与えていきたい」と抱負を述べる。さらに演出のIKKANは「いくつか候補がありましたが、この作品が一番“萌える”台本でした。皆さんと話し合いを重ねて、台本に書かれている以上のキャラクターを作り上げられた」と出来栄えに自信をのぞかせた。

「紫猫のギリ」の東京公演は2月3日まで行われ、その後3月1日から3日まで大阪・ABCホールでも上演される。

「紫猫のギリ」

2019年1月23日(水)~2月3日(日)
東京都 シアターグリーン BOX in BOX THEATER

2019年3月1日(金)~3日(日)
大阪府 ABCホール

脚本:中瀬理香
演出:IKKAN
出演:石原壮馬村瀬文宣太田将熙竹之内景樹、森大、西村信章、小野匠、奈波慎剛、中村悠希、田沼ジョージ、寺田遥平、篠崎淳志、明道皐我、羽田将大

ステージナタリーをフォロー