ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

歌劇「ドン・ジョヴァンニ」東京へ、森山開次「自分も踊り出してしまいそう」

160

全国共同制作プロジェクト「モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全幕」より。(写真提供:公益財団法人 富山市民文化事業団)

全国共同制作プロジェクト「モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全幕」より。(写真提供:公益財団法人 富山市民文化事業団)

東京・東京芸術劇場の全国共同制作プロジェクト「モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全幕」が、去る1月20日に富山のオーバード・ホールで開幕した。

本作は、総監督・指揮の井上道義と演出の森山開次が初タッグで送る新演出のオペラ。タイトルロールのドン・ジョヴァンニ役をヴィタリ・ユシュマノフが務め、三戸大久、高橋絵理、デニス・ビシュニャ、鷲尾麻衣、金山京介、小林沙羅、藤井玲南、近藤圭らソリストが出演する。また作品を彩るダンサーには、浅沼圭、碓井菜央、梶田留以、庄野早冴子、中村里彩、引間文佳、水谷彩乃、南帆乃佳、山本晴美、脇坂優海香が名を連ねた。

初日を迎えた井上は「賭けに勝ったよ! 『演出を踊りの方がやる』『日本語でモーツァルトのオペラをやる』という賭けに。本当に、素晴らしい初日だった。舞台はこれからもどんどん伸びてくでしょう」と喜びを語り、創作の過程で「すっかり『ドン・ジョヴァンニ』オタクになった」と言う森山も「初日は、本当にパワフルで素敵でした。自分も踊り出していってしまいそうになるのをグッとこらえて(笑)あと3公演、頑張っていきます!」と意気込んだ。

全国共同制作プロジェクト「モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全幕」の公演は、1月26・27日に東京芸術劇場 コンサートホール、2月3日に熊本・熊本県立劇場 演劇ホールにて。なお本作は英語字幕付きで日本語上演される。

井上道義コメント

賭けに勝ったよ!
「演出を踊りの方がやる」「日本語でモーツァルトのオペラをやる」という賭けに。
本当に、素晴らしい初日だった。舞台はこれからもどんどん伸びてくでしょう。僕も東京で新しいオーケストラで練習して頑張りますし、この初演の緊張感がすべての公演に現れるよう、みんなで頑張っていきます。

森山開次コメント

このお話をマエストロからいただいたのが、もう1年以上前の話。それからずっと「ドン・ジョヴァンニ」を聴き続け、すっかり「ドン・ジョヴァンニ」オタクになっています。
初日は、本当にパワフルで素敵でした。自分も踊り出していってしまいそうになるのをグッとこらえて(笑)あと3公演、頑張っていきます!

全国共同制作プロジェクト「モーツァルト歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全幕」

2019年1月20日(日)※公演終了
富山県 オーバード・ホール

2019年1月26日(土)・27日(日)
東京都 東京芸術劇場 コンサートホール

2019年2月3日(日)
熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール

総監督・指揮:井上道義
演出・振付:森山開次

キャスト

ドン・ジョヴァンニ:ヴィタリ・ユシュマノフ

レポレッロ:三戸大久
ドンナ・アンナ:高橋絵理
騎士長:デニス・ビシュニャ
ドンナ・エルヴィーラ:鷲尾麻衣
ドン・オッターヴィオ:金山京介
ツェルリーナ:小林沙羅(1月20日、26日、2月3日)、藤井玲南(1月27日)
マゼット:近藤圭

ダンサー:浅沼圭、碓井菜央、梶田留以、庄野早冴子、中村里彩、引間文佳、水谷彩乃、南帆乃佳、山本晴美、脇坂優海香

※高橋絵理の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー