ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

テーマは承認欲求と自己顕示欲、PityChanが送る“都落ち”元声優志望者の物語

61

「世光ちゃん。ぎらぎら▽」が、11月13日から18日まで東京・BUoYで上演される。

PityChanは、山下由率いるPitymanの劇団内劇団。山下が脚本・演出を担当する本作では、声優になる夢を諦めて、東京から“都落ち”した世光(よひかり)ちゃんを主軸としたストーリーが展開する。田舎に戻った世光ちゃんは元交際相手のつてで就職し、寂れた商店街の再生事業として銭湯跡地の再利用に携わる。なんとか成功させて東京に戻りたい世光ちゃんの前に、幼なじみが現れ……。

上演に向け山下は、公式サイトに「承認欲求と自己顕示欲がフツフツとあぶくを立てるような。でも手を突っ込んでみたらぬるかった。そして手を抜いてみたら血が出てた。みたいなことをやりたいです」とつづっている。

PityChan「世光ちゃん。ぎらぎら▽」

2018年11月13日(火)~18日(日)
東京都 BUoY

脚本・演出:山下由
出演:藤田りんご、浅井裕子、梅田洋輔、小林涼太、田久保柚香、中山将志、松本一歩、ほりゆり、三ツ井シャーロット結花▽

※「世光ちゃん。ぎらぎら▽」と三ツ井シャーロット結花▽の「▽」はハートマークが正式表記。

ステージナタリーをフォロー