下北沢演劇祭「コード・コード・コード」始動、出演者を募集中

36

「コード・コード・コード '19」が来年2019年2月28日から3月3日に東京・北沢タウンホールにて上演される。

下北沢演劇祭ロゴ

下北沢演劇祭ロゴ

大きなサイズで見る(全2件)

「コード・コード・コード」は、下北沢演劇祭による、セリフを発することよりも身体を動かして表現することを目的にした企画。3つの“コード”は、“参加者・アーティスト・下北沢”を表している。本企画では若手アーティストとのコラボレートも目標としており、第1回はスペースノットブランクのほか、クリエーションメンバーとして古賀友樹、近藤千紘、山下恵実が出演や創作のサポートとして参加する。

なお本プログラムでは、約20名の出演者を募集している。世田谷区民が優先となるが、それ以外も応募は可能。応募受付は10月31日まで。

この記事の画像(全2件)

第29回下北沢演劇祭 世田谷区民参加 新進気鋭の若手アーティストと創る舞台芸術「コード・コード・コード '19」

2019年2月28日(木)~3月3日(日)
東京都 北沢タウンホール

全文を表示

関連記事

スペースノットブランクのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スペースノットブランク / 古賀友樹 / 山下恵実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします