ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「モブサイコ100」第2弾は律編、伊藤節生「期待以上のものができた」

1286

左からなだぎ武演じるエクボ、松本岳演じる影山律。

左からなだぎ武演じるエクボ、松本岳演じる影山律。

「舞台『モブサイコ100』~裏対裏~」が、本日9月13日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕。これに先駆け、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

ONE原作によるマンガ「モブサイコ100」は、普段は目立たず不器用な性格だが、実は強大な力を持つ超能力少年のモブこと影山茂夫を主人公とした“サイキック青春グラフィティ”。舞台化第2弾となる「裏対裏」では、今年2018年1月に上演された舞台「モブサイコ100」に続き、脚本・演出を川尻恵太が務め、影山茂夫役を伊藤節生が演じる。

今作では、原作マンガでも描かれた「律編」のエピソードが展開。前作同様、俳優たちはステージ上を駆け回りながら全身を使ったギャグを連発する。またテルこと花沢輝気(河原田巧也)の個性的な髪型の再現や、モブと誇山(和成)のバトルをはじめとする、映像を駆使したアクションシーンも見どころの1つだ。

囲み取材には影山茂夫役の伊藤、花沢輝気役の河原田、影山律役の松本岳、神室真司役の平田裕一郎、エクボ役のなだぎ武、霊幻新隆役の馬場良馬が出席。伊藤は前作を振り返り、「前回は初めての舞台だったので、てんやわんやで気持ちも落ち着かぬまま本番を迎えたのですが、今回は稽古の段階から本番を見据えて楽しみながら作ってこれたと思います」と心境を明かす。前作に続き同役を演じる馬場は「短いスパンで続編ができたというのは、前作をお客様に支持していただいたおかげ」と謝辞を述べつつ、「皆さんの期待値が高いのも当然なので、それを超えられるよう稽古をしてまいりました。何より今作ではモブと律の兄弟愛がキーとなっているので、存分に噛み締めていただけたら」と見どころを語った。

なだぎは「ずいぶん長いこと芸能生活を送っていますが、首から下を消されたことが初めての経験でした」と初演を思い返しながら、「今回も全身タイツが似合うような体型を作らないとということで、毎日20キロ走ってまいりました」と話すと、キャスト陣から「ウソつけ!」と鋭いツッコミが飛ぶ。気を取り直し、なだぎは「いい意味で原作ファンの期待を裏切りつつ、大事なところでは裏切らない舞台にしたい」と意気込んだ。

見どころについて問われた伊藤は「戦闘シーンが派手です。僕もけっこう動きます。カッコよく見えるように練習してきました」と自信をのぞかせ、河原田は「今回は美味しい兼ね役もいただいて。テルとは違うキャラクターなので、ぜひ探してみてください」とコメント。続く松本は「神室との出会いで(律の)心が変化していくところ。それによって生まれた兄さんへのむき出しの感情は、律を演じている身として観てほしいところ」と述べ、今回初参加となる平田も「律と神室で、不良たちをねっとりと追い詰めていくところ」を注目ポイントを挙げた。

最後に伊藤は「続編が決まったときに『ここの話をやるのかな?』って想像したり期待している部分があると思うんですが、期待通り、それ以上のものができてると思います。ぜひ楽しみに劇場に足を運んでいただければと思います」と挨拶し、取材を締めくくった。

上演時間は休憩なしの約2時間15分。東京公演は9月17日まで行われ、その後、20日から23日まで兵庫・新神戸オリエンタル劇場で兵庫公演が実施される。またこのたび、本公演のBlu-ray / DVDが2019年2月6日にリリースされることも明らかになった。

「舞台『モブサイコ100』~裏対裏~」

2018年9月13日(木)~17日(月・祝)
東京都 天王洲 銀河劇場

2018年9月20日(木)~23日(日)
兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

原作:ONE「モブサイコ100」(小学館「マンガワン」連載)
脚本・演出:川尻恵太

キャスト

影山茂夫:伊藤節生

花沢輝気:河原田巧也
影山律:松本岳
神室真司:平田裕一郎
鬼瓦天牙:大海将一郎
徳川光:星乃勇太
米里イチ:末永みゆ
郷田武蔵:兼崎健太郎
エクボ:なだぎ武
ショウ:永田聖一朗
桜威:神里優希
誇山:和成
密裏賢治:平尾健蔵

霊幻新隆:馬場良馬

犬川:森公平
猿田:田代哲哉
雉子林:匁山剛志

佐川:米村秀人
隈川:赤谷翔次郎
志村:能登屋ヒヒ丸

暗田トメ:田上真里奈(映像出演)

(c)ONE・小学館/舞台『モブサイコ100』製作委員会

ステージナタリーをフォロー