大駱駝艦・阿目虎南が立ち上げる“肉体のSFストーリー”「暁の権化」

382

大駱駝艦 舞踏公演 阿目虎南「暁の権化」が9月24日から30日に東京・壺中天にて上演される。

大駱駝艦 舞踏公演 阿目虎南「暁の権化」ビジュアル

大駱駝艦 舞踏公演 阿目虎南「暁の権化」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

阿目虎南は2008年に大駱駝艦に入艦。その後、大駱駝艦の全作品に出演する傍ら、赤堀雅秋演出「大逆走」や宮本亜門演出「金閣寺」、ドラマ「SR サイタマノラッパー ~マイクの細道~」、原田眞人が監督した映画「関ヶ原」に出演するなど幅広く活動している。

今回は6名の共演者とともに自身の振付・演出・美術で作品を立ち上げる。上演に向けて阿目は「絡み合う鎖の果てに見える『暁の権化』とは! 阿目虎南による仮想世界で繰り広げられる肉体のSFストーリー」とコメントを寄せている。

阿目虎南コメント

舞台は世紀末の地上。
折り重なる肉体の山々。
地上に降り立った謎の生命体による「王座君臨」の予言。
やがて始まる、激しい王座争奪戦。
絡み合う鎖の果てに見える「暁の権化」とは!
阿目虎南による仮想世界で繰り広げられる肉体のSFストーリー。

この記事の画像(全2件)

大駱駝艦 舞踏公演 阿目虎南「暁の権化」

2018年9月24日(月・振休)~30日(日)
東京都 壺中天

監修:麿赤兒
振付・演出・美術:阿目虎南
出演:阿目虎南、齋門由奈、金能弘谷口舞、坂詰健太、荒井啓汰、平野大樹

全文を表示

大駱駝艦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 大駱駝艦 / 阿目虎南 / 金能弘 / 谷口舞 / 麿赤兒 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします