ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

あひるなんちゃら関村の新作、自伝を書こうとする男とその家族を描く三人芝居

28

あひるなんちゃら関村個人企画「ワタナベの自伝」ビジュアル

あひるなんちゃら関村個人企画「ワタナベの自伝」ビジュアル

あひるなんちゃら関村個人企画「ワタナベの自伝」が、6月23・24日に東京・Live space animaで上演される。

あひるなんちゃら関村個人企画は、あひるなんちゃらの関村俊介が短い芝居を突発的に上演する企画。今回の「ワタナベの自伝」では、“ちょっとどうかしている編集者”にそそのかされ、人生の最期に自伝を書こうとする男と、それを見守る家族の物語が展開する。キャストには松木美路子、かきあげ団のかきあげあゆみ、渡辺裕也が名を連ねた。

上演にあたり、脚本・演出の関村は「テーマが重そうですが、そんなことはなくて、全然悲しくない、むしろ楽しい、上演時間50分程度の三人芝居です。お気軽にご来場いただけると嬉しいです」とコメントしている。

※初出時、人名に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

あひるなんちゃら関村個人企画「ワタナベの自伝」

2018年6月23日(土)・24日(日)
東京都 Live space anima

脚本・演出:関村俊介
出演:松木美路子、かきあげあゆみ、渡辺裕也

ステージナタリーをフォロー