ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

時をかける男女二人芝居「メビウス」が名古屋&大阪で

61

リンクスプロデュース「メビウス」が、5月から6月にかけて愛知と大阪で上演される。

「春のメビウス祭り」と銘打たれた今回は、本日5月15日から20日まで愛知・ナンジャーレ、5月26日から6月3日まで大阪・船場サザンシアターにて上演。名古屋公演には三浦求、岡田怜奈、岡田ゆう太、未彩紀、為房大輔、山岡美穂、伊藤匡太、美晴の4組が、大阪公演には三浦、岡田怜奈、伊藤、美晴、岡田ゆう太、未彩紀のほか、ザキ有馬、小野村優、魚水幸之助、茨木瑞眸、森将栄、藤崎絢己の6組が出演する。

劇団ショウダウンのナツメクニオが脚本を手がける「メビウス」は、男女2人が時をかける90分のラブストーリー。これまで大阪と東京で上演されており、今回が初の名古屋公演となる。

リンクスプロデュース「メビウス」名古屋公演

2018年5月15日(火)~20日(日)
愛知県 ナンジャーレ

脚本:ナツメクニオ
演出:リンクスプロデュース
出演:三浦求、岡田怜奈、岡田ゆう太、未彩紀、為房大輔、山岡美穂、伊藤匡太、美晴

リンクスプロデュース「メビウス」大阪公演

2018年5月26日(土)~6月3日(日)
大阪府 船場サザンシアター

脚本:ナツメクニオ
演出:リンクスプロデュース
出演:三浦求、岡田怜奈、伊藤匡太、美晴、岡田ゆう太、未彩紀、ザキ有馬、小野村優、魚水幸之助、茨木瑞眸、森将栄、藤崎絢己

ステージナタリーをフォロー