ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

新しい演劇の形を作る、アクロ&ダンス満載の「ハイキュー!!」開幕

1414

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”」ゲネプロより。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”」ゲネプロより。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”」が、本日4月28日に東京・日本青年館ホールで開幕。これに先駆け昨日4月27日、ゲネプロと囲み取材が行われた。

演出・脚本をウォーリー木下が手がける本作は、古舘春一のマンガを原作とした「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」シリーズの最新作。春高予選を描いた今作で烏野高校の前に立ちはだかるのは、条善寺高校と和久谷南高校の2校。さらに、白鳥沢学園高校のウイングスパイカーであり全国3大エースの1人・牛島若利も登場する。

昨年2017年上演の「“進化の夏”」で進化を遂げた烏野高校のキャストたちは、さらなる熱量をもって試合に挑み、“アソビ”をモットーとした条善寺高校の面々はアクロバティックなプレーで試合を盛り上げる。一方、中島猛率いる和久谷南高校はダンスをふんだんに盛り込んだパフォーマンスで観客を魅了。また烏野、条善寺、和久谷南の試合と、音駒高校、梟谷学園高校の試合がクロスする場面や、青葉城西高校、伊達工業高校のキャストが映像出演するシーンも見どころとなっている。

囲み取材には日向翔陽役の須賀健太、影山飛雄役の影山達也、縁下力役の川原一馬、照島遊児役の船木政秀、中島猛役の柳原凛、そして演出・脚本を手がけるウォーリーが登場。須賀は「早いものでもう6作目になりました」と感慨深げに語り、「今回から参加した新しいメンバーは動ける人が多いので、アクロバットやダンスに特化したパフォーマンスが見どころになっています。彼らが休みの日に稽古していたり、早くから稽古場に来てアクロバットの練習をしているのを見て、僕ら(烏野)も負けていられないなと思いましたね」とコメント。続く影山は「全員で勝ちに行きたい。かいてきた汗は嘘をつかないと思うので、全力で駆け抜けたいです」とまっすぐ前を見据えた。

今作のキーマンとなる縁下を演じる川原は「『僕らの世代が新しい演劇の形を作るぞ』という気持ちを根底に持って作品に挑んでいるので、その意気込みを感じていただけたら」と観客に呼びかける。そんな川原を、須賀は「烏野のダンス番長です」と紹介すると共に、「僕らは愛を込めて彼のことを“カウントおじさん”って呼んでるんですけど、ある日ウォーリーさんが“カウント”を取って“おじさん”って呼ぶようになっちゃって。それからただの“おじさん”になっちゃったんですよ(笑)」と仲よしエピソードを明かし、会場の笑いを誘った。

続いて新キャストの2人が挨拶。船木は「烏野にいい影響を与えられるように、全力で盛り上げていきたいと思います」と、自身が演じる照島さながらにはつらつとした様子で語り、バレー経験者の柳原は「ズル休みをしてしまった罪悪感よりもバレーをしたいという思いが勝つ気持ちとか、先輩の試合でピンチサーバーに選ばれたときの手の震えとか、すごくよくわかります」と登場人物たちの心情に思いを馳せながら、「和久谷南戦や自分が演じる猛に思い入れがあるので、その気持ちをお客さんにしっかり届けたい」と意欲を見せた。

2015年の初演から演出を手がけるウォーリーは「初心に返るというか、今までやってきたことを踏まえながら、『ハイキュー!!』の面白いエッセンスを詰め込んで、次の公演につながるような未来のある作品にしたいと思います」と展望を述べる。また須賀は秋公演「“最強の場所(チーム)”」で烏野高校のキャストが卒業することに触れ、「まずはこの春公演をしっかり成功させるっていうのが一番ですね。次の公演が決まっている状態で公演をやるのは演劇『ハイキュー!!』史上初めてなのですが、そこをうまく利用した演出を今回劇中に取り入れているので、春公演を観ていただければ秋公演がより楽しめると思います。……あー、うまいこと言った」と満足げな様子。最後に須賀は「3年やってきたからこそ、と言えるような作品になっています。ぜひ劇場に遊びに来てください」と笑顔で語り、取材を締めくくった。

東京公演は5月6日まで。5月から6月にかけて兵庫、福岡、宮城、大阪を巡演したのち、6月8日から17日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLで東京凱旋公演を行う。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”」

2018年4月28日(土)~5月6日(日)
東京都 日本青年館ホール

2018年5月12日(土)・13日(日)
兵庫県 あましんアルカイックホール

2018年5月18日(金)~20日(日)
福岡県 福岡国際会議場 メインホール

2018年5月25日(金)~27日(日)
宮城県 多賀城市民会館 大ホール

2018年6月1日(金)~3日(日)
大阪府 オリックス劇場

2018年6月8日(金)~17日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
共同脚本:入江おろぱ

キャスト

烏野高校
日向翔陽:須賀健太
影山飛雄:影山達也
月島蛍:小坂涼太郎
山口忠:三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷夕:渕野右登
縁下力:川原一馬
澤村大地:田中啓太
菅原孝支:田中尚輝
東峰旭:冨森ジャスティン

条善寺高校
照島遊児:船木政秀
母畑和馬:森永彩斗
二岐丈春:鈴木遥太
沼尻凛太郎:荒田至法
飯坂信義:安川集治
土湯新:松原凛

和久谷南高校
中島猛:柳原凛
川渡瞬己:正田尚大
白石優希:木村優良
花山一雅:Goku
鳴子哲平:本川翔太
秋保和光:蓮井佑麻

白鳥沢学園高校
牛島若利:有田賢史

音駒高校
孤爪研磨:永田崇人
黒尾鉄朗:近藤頌利

梟谷学園高校
木兎光太郎:東拓海
赤葦京治:高崎俊吾

烏野高校 OB・OG
嶋田誠:山口賢人
田中冴子:佐達ももこ

烏野高校 マネージャー
清水潔子:長尾寧音
谷地仁花:斎藤亜美

烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:内田滋
烏養繋心:林剛史

※高崎俊吾の「高」ははしごだか、「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

ステージナタリーをフォロー