ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

松本哲也が“奥底にある愛情”描く、松本紀保プロデュース「Farewell」開幕

54

松本紀保プロデュース公演 vol.2「Farewell(フェアウェル)」より。(撮影:三浦仁)

松本紀保プロデュース公演 vol.2「Farewell(フェアウェル)」より。(撮影:三浦仁)

「Farewell(フェアウェル)」が、4月6日に東京・サンモールスタジオで開幕した。

本作は、松本紀保のプロデュース公演第2弾。脚本に小松台東の松本哲也、演出に劇団道学先生の青山勝を迎える。妻からの一方的な申し出で別れることになったとある夫婦が、ある日偶然の再会を果たすことに。2人が語らう”今”は、果たしてどこまでが本当か……。

開幕に際し松本紀保は「今回は初のオリジナル作品です。小松台東の松本哲也さんが普段書かれているテイストとは違う新たな魅力溢れる物語を書いてくれました」と手応えを語り、「男と女の単なるラブストーリーではない、もっと奥底にある愛情を描いた作品ではないかと思っています。サンモールスタジオでお待ちしております!」と観客に呼びかけている。

なお本作ではアフタートークも実施される。本日4月8日13:00公演には映画監督・映像ディレクターの近浦啓と映画美術監督の部谷京子、9日19:30公演には佐藤二朗、10日19:00公演には岩松了とライターの岡崎香氏、12日19:00公演にはオフィスコットーネプロデューサーの綿貫凛氏、13日19:30公演には桑原裕子、14日19:00公演には福原充則が招かれる。公演は15日まで。

松本紀保コメント

松本紀保と申します。今回は初のオリジナル作品です。小松台東の松本哲也さんが普段書かれているテイストとは違う新たな魅力溢れる物語を書いてくれました。男と女の単なるラブストーリーではない、もっと奥底にある愛情を描いた作品ではないかと思っています。サンモールスタジオでお待ちしております!

松本紀保プロデュース公演 vol.2「Farewell(フェアウェル)」

2018年4月6日(金)~15日(日)
東京都 サンモールスタジオ

作:松本哲也
演出:青山勝
出演:伊達暁久保貫太郎山田百次柿丸美智恵異儀田夏葉斎藤ナツ子小野川晶松本紀保

ステージナタリーをフォロー