ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

花組「あかねさす紫の花」、「ポーの一族」経た明日海りお「組力スキルアップした」

1803

左から仙名彩世、明日海りお。

左から仙名彩世、明日海りお。

5月に福岡・博多座で上演される宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」の記者取材会が、去る3月30日に福岡市内で行われた。

取材会にはトップスターの明日海りおと、トップ娘役の仙名彩世が出席。中大兄皇子と大海人皇子、そして女流歌人・額田女王が繰り広げる愛憎劇「あかねさす紫の花」で兄の中大兄皇子と弟の大海人皇子、2役の役替わりに挑む明日海は「ただ単に2つの役を対照的に演じるのでなく、それぞれのバージョンにしかないコンビネーションを深めるお芝居ができたらと思っています」と意気込みを述べ、「覚えるセリフの量などは単純に2倍になるので大変だなと思う面はありつつも、お客様から両パターン観たいとおっしゃっていただけるのはとてもうれしいですし、同じ作品を違う役の視点から観ることが役を深めるにあたっても勉強になります」とやりがいを語った。

本作への出演に憧れていたという仙名は「額田女王という役を演じさせていただけることに大きな喜びを感じています。そして、お客様はもちろんそうだと思いますが、私自身もこの演目が決まったときから(兄役と弟役)どちらの明日海さんも見たい!と楽しみにさせていただいているうちの1人です」と期待を述べた。

一方、“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマとしたショー「Sante!!」について、明日海は「ザ・男役、可憐な娘役といった振り付けが詰まった大好きなショーです。“Sante(サンテ)”はフランス語で乾杯の意味。お客様と乾杯させていただくような、お客様参加型のシーンも予定しておりますので、私たちをいつもより近くに感じていただけたら」と見どころを明かす。

記者から、「最近、乾杯!と言いたくなるような心躍った出来事は?」と尋ねられた明日海は、3月25日に東京・東京宝塚大劇場で千秋楽を迎えた「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」に触れ、「先日まで公演を重ねて参りました『ポーの一族』のすべての公演を無事に終えられたときはホッとして、乾杯!と言いたい気分になりました(笑)」と安堵の表情を浮かべる。続けて「『ポーの一族』を経て、花組としての組力もそれぞれ個人の力もぐっとスキルアップしたと感じています。(昨年の『Sante!!』の上演時よりも)またぐっとよくなったねと言ってもらえるように組のメンバーと稽古に励みたいと思います」と決意を新たにした。また仙名も「『Sante!!』は久しぶりのショー。今までよりもさらにスパークリングして(笑)、組子たちのキラキラした姿を目に焼き付けていただけたらうれしいです」と観客に投げかけた。

明日海は最後に「花組としては13年ぶりの博多座。私自身博多の街が大好きなので、博多座で公演できることが本当にうれしいです。観たお客様が元気になって帰っていただける舞台が届けられるようにがんばりたいと思っています」と抱負を語り、取材会を締めくくった。

公演は5月4日から26日まで博多座にて。なお5月12日15:30開演回および25日15:30開演回にはライブビューイングが実施される。

宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」

2018年5月4日(金・祝)~26日(土)
福岡県 博多座

「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」

作:柴田侑宏
演出:大野拓史
出演:明日海りお仙名彩世 ほか

「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」

作・演出:藤井大介
出演:明日海りお、仙名彩世 ほか

※「Sante!!」のeは、アキュートアクセント付きが正式表記。

ステージナタリーをフォロー