ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

花組「あかねさす紫の花」博多座で開幕、明日海りお「宝塚歌劇にしかない魅力を」

803

宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」より。

宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」より。

宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」が、去る5月4日に福岡・博多座で開幕した。

「あかねさす紫の花」は1976年の初演以来、上演が重ねられている“万葉ロマン”。大和朝廷を舞台に、中大兄皇子、大海人皇子の兄弟が女流歌人・額田女王を巡って愛憎劇を繰り広げる。メインキャスト3役が役替わりで演じられ、初日の5月4日から15日までは、花組トップスター・明日海りおが大海人皇子、柚香光が天比古、鳳月杏が中大兄皇子を演じるバージョン、5月16日から26日までは、明日海が中大兄皇子、柚香が大海人皇子、鳳月が天比古を演じるバージョンが上演される。なお額田女王役はトップ娘役の仙名彩世が務める。

同時上演されるショー「Sante!!」では、フランス・パリを舞台に“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマとした多彩な場面が展開。キャスト40名のうち、10名が九州出身ということにちなみ、10名の“ご当地ジェンヌ”に焦点が当たるシーンが初演版から新たに追加されている。また元花組トップスター・安寿ミラ(ANJU)が新たに振付したデュエットダンスなど、絢爛豪華なレビューが繰り広げられた。

カーテンコールに登場した明日海は「『あかねさす紫の花』では日本物のお芝居の美しさ、ショー『Sante!!』では次から次へといろいろな場面が展開していくスピーディな華やかさ、どちらも宝塚歌劇にしかない魅力を感じさせる作品となるよう、千秋楽まで心を込めてお届けします」と挨拶した。公演は5月26日まで博多座にて。なお5月12日15:30開演回および25日15:30開演回にはライブビューイングが実施される。

宝塚歌劇花組「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」

2018年5月4日(金・祝)~26日(土)
福岡県 博多座

「万葉ロマン『あかねさす紫の花』」

作:柴田侑宏
演出:大野拓史

キャスト
5月4日(金)~15日(火)
大海人皇子:明日海りお
額田女王:仙名彩世
天比古:柚香光
中大兄皇子:鳳月杏
ほか

5月16日(水)~26日(土)
中大兄皇子:明日海りお
額田女王:仙名彩世
大海人皇子:柚香光
天比古:鳳月杏
ほか

「レビュー・ファンタスティーク『Sante!!』~最高級ワインをあなたに~」

作・演出:藤井大介
出演:明日海りお、仙名彩世 ほか

※「Sante!!」のeは、アキュートアクセント付きが正式表記。

ステージナタリーをフォロー