ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ひとごと。「理想の人々」、無隣館の山下恵実が手がける“不器用な人たちの話”

38

ひとごと。vol.1「理想の人々」チラシ表

ひとごと。vol.1「理想の人々」チラシ表

ひとごと。「理想の人々」が、3月23日から25日まで東京・新宿眼科画廊 スペース地下で上演される。

無隣館演出部に所属する山下恵実が立ち上げた個人ユニット・ひとごと。の第1回公演となる本作。チラシでは作品について「焦って変な方向に進んで余計焦って身動きがとれなくなる。そんな不器用な人たちのはなしです」と解説されている。出演者には齊藤絵里、榊愛音、瀧澤綾音が名を連ねた。

山下は埼玉県立芸術総合高等学校の舞台芸術科在学中に、オノマリコ作の「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」を演出し、第62回全国高等学校演劇大会で優秀賞を受賞。卒業後に無隣館に入った。ひとごと。では、身体の持つ“ドキュメンタリー性”を生かし、“生きていることそのもの”を描くことを目指す。

ひとごと。vol.1「理想の人々」

2018年3月23日(金)~25日(日)
東京都 新宿眼科画廊 スペース地下

作・演出:山下恵実
出演:齊藤絵里、榊愛音、瀧澤綾音

ステージナタリーをフォロー