ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

北海道戯曲賞大賞「動く物」リーディング公演、本橋龍ら登壇のトークも

32

ウンゲツィーファ本橋龍が手がけた戯曲「動く物」のリーディング公演が、3月11日に北海道・シアターZOOで行われる。

公益財団法人北海道文化財団が主催する「希望の大地の戯曲『北海道戯曲賞』」で、2017年度の大賞を受賞した本作。男女2人が部屋で逃げたペットを探しながら“人という動物”のことを考える物語だ。今回のリーディング公演では北海道演劇財団常務理事・芸術監督の斎藤歩が監修を務め、演出をクラアク芸術堂の小佐部明広が担当する。キャストにはクラアク芸術堂の中村雷太、安田せひろ、クラアク芸術堂 / 信山プロデュースの信山E紘希が名を連ねた。なお終演後には本橋、小佐部、斎藤が登壇するアフタートークが実施される。

北海道文化財団アートゼミ事業 平成29年度「希望の大地の戯曲『北海道戯曲賞』」大賞受賞作品リーディング公演「動く物」

2018年3月11日(日)
北海道 シアターZOO

監修:斎藤歩
作:本橋龍
演出:小佐部明広
出演:中村雷太、安田せひろ、信山E紘希

ステージナタリーをフォロー